映画「コレリ大尉のマンドリン」の舞台、ケファロニア島の魅力を紹介!

ギリシア・パトラ・観光地・名所の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

映画「コレリ大尉のマンドリン」の舞台、ケファロニア島の魅力を紹介!

掲載日:2008/09/29 テーマ:観光地・名所 行き先: ギリシア / パトラ ライター:アリサンドラトゥー芳香

タグ: ビーチ ロケ地 美しい



ABガイド:アリサンドラトゥー芳香

【ギリシアのABガイド】 アリサンドラトゥー芳香
全ガイドを見る
イタリアのトスカーナに4年、そしてギリシャ、ペロポネソス半島北部の港町パトラ在住13年。ギリシャの大学生に日本語を教えながら、翻訳などもしています。小学生の子供が二人いるので、子連れの旅行についての情報や、もともと好きな遺跡等に関する情報、地中海料理などについて発信中!また、ブログ「地中海とカフェDiary」ではギリシャ生活について綴っています。

ケファロニア島のミルトス・ビーチにて、海に沈む夕日 ケファロニア島のミルトス・ビーチにて、海に沈む夕日

地中海で最も美しいビーチの一つ、ミルトス・ビーチ!

イオニア諸島の中でも一番大きな島、ケファロニアは、山が大変多く自然が一杯。素晴らしいビーチがたくさんあるにも関わらず、あまり観光地化されていないのが魅力です。その理由はケファロニア島の人々が、質の良い観光を楽しんでもらいたいと思っているからだそうです。このケファロニアの見所の中でも、一番外せないものといえばミルトス・ビーチ! 崖に囲まれているので、崖の上から見下ろして文句なしの素晴らしい景色を是非楽しんでください。夕日も素敵です。ただし泳ぐときには注意が必要です! このビーチは波が高めでとても強い波が打ち寄せます。しかも岸から離れると急に深くなるため、波にさらわれないように!とはいえ怖がらないでくださいね。地中海で最も美しいビーチの一つと言われるミルトスの魅力を是非味わってみてください。きめの細かい砂浜で穏やかな海のビーチは、ケファロニア島の南西部にたくさんあります。こちらもゆったりビーチに滞在したい方には大変お勧めです。

 

ヨーロッパ各国からのクルーザーやヨットが並ぶ、アギア・エフィミアのヨット・ハーバー。美味しいレストランや透明で吸い込まれそうな海に魅了されます ヨーロッパ各国からのクルーザーやヨットが並ぶ、アギア・エフィミアのヨット・ハーバー。美味しいレストランや透明で吸い込まれそうな海に魅了されます

穏やかな海を眺めながら美味しい料理を…アギア・エフィミア

各国からのヨットやクルーザーが並ぶ穏やかなアギア・エフィミアの海岸には、なぜか観光バスもたくさんやってきます。その理由は、ヨット・ハーバーに並ぶたくさんのレストラン! シーフードや、ケファロニア島の名物料理クレアトーピタ(お肉の入ったパイ料理です。)などを間違いなく美味しくいただけるお店が並びます。クレアトーピタはケファロニアに来たら絶対食べてみてくださいね! お米も入っていて、日本人の口に合うと思います。このアギア・エフィミアから、パトラからのフェリーが到着するサミに向かうと、途中ケファロニア島の青い洞窟、有名なメリッサーニ洞窟があるので是非立ち寄りましょう。この洞窟は光の加減から特にお昼ごろがお勧めです! ミルトス・ビーチは外海にあたるので、波がきついですが、島のこちら側は大変穏やかで、透明な海が広がっています。岸辺まで魚も一杯泳いでいますよ。

 

アルゴストリ中心のリソストロトにある1910年創業のお菓子屋さんに展示されている、ケファロニア島伝統のお菓子類。お土産にお勧め アルゴストリ中心のリソストロトにある1910年創業のお菓子屋さんに展示されている、ケファロニア島伝統のお菓子類。お土産にお勧め

島の首都、アルゴストリへ

アルゴストリは、ケファロニア島の首都で、一番大きな町です。ザキントス島などと同じく1953年の大地震では、この近くでも大きな揺れがあり、町全体がほとんど壊滅状態でした。といっても今ではまた活気のある町となっています。町のほぼ中心にある、リソストロトという歩行者天国の石畳の通りが、魅力的です。いろいろなお店やオープンカフェが並んでいて、地元の人から観光客で一杯! また広場周辺には、レストランもたくさんあって、大賑わいです。このアルゴストリで特に印象的なのが、ドラパヌー橋。その長さは約900メートル。1813年以来の石造りで、海の中を渡っていく感覚が素敵です。幅が細いので、一方通行ながら車で渡れることができたこの橋も、今は保存のため車両は禁止。徒歩でだけ渡ることができます。ケファロニア島の歴史の一部を垣間見ることができるのは、ロケも行われた2001年の映画「コレリ大尉のマンドリン」です。ケファロニアへ足を運ぶ前に是非見てみてくださいね。

 

ケファロニア島のミルトス・ビーチ。荒めの白い砂浜と目の覚めるようなエメラルド色の海が広がります ケファロニア島のミルトス・ビーチ。荒めの白い砂浜と目の覚めるようなエメラルド色の海が広がります

【関連情報】

ケファロニア島へのアクセスは何通りかあります。ひとつは飛行機で飛んでしまう方法、空港はアルゴストリから9キロ離れた場所です。それから船の場合はパトラからのルートと、キリーニ港からのルート、そして、これは少しでも波が高いと休航してしまって頼りにできないのですが、ザキントス島の北部からの路線というのも存在します。パトラからのフェリーは、ケファロニア島のサミへ向かい、そのあとイタキ島まで行くので、オデュッセイアの故郷と言われるイタキ島へ行きたい場合は、これを利用します。それからキリーニ港からのフェリーは、ケファロニア島の南東部にあるポロスへ向かうので注意してください。島の中での移動は、バスもありますが本数が限られるのでバイクや車のレンタルが無難です。道路は近年整備されて、良くなっています。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/09/29)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事