詩人バイロンが没した地。歴史と自然が楽しめるメソロンギへ!

ギリシア・パトラ・歴史の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

詩人バイロンが没した地。歴史と自然が楽しめるメソロンギへ!

掲載日:2008/12/17 テーマ:歴史 行き先: ギリシア / パトラ ライター:アリサンドラトゥー芳香

タグ: 珍しい



ABガイド:アリサンドラトゥー芳香

【ギリシアのABガイド】 アリサンドラトゥー芳香
全ガイドを見る
イタリアのトスカーナに4年、そしてギリシャ、ペロポネソス半島北部の港町パトラ在住13年。ギリシャの大学生に日本語を教えながら、翻訳などもしています。小学生の子供が二人いるので、子連れの旅行についての情報や、もともと好きな遺跡等に関する情報、地中海料理などについて発信中!また、ブログ「地中海とカフェDiary」ではギリシャ生活について綴っています。

湿地の自然保護地域に指定されている、メソロンギ潟。のどかで心洗われる風景が広がります 湿地の自然保護地域に指定されている、メソロンギ潟。のどかで心洗われる風景が広がります

珍しい沼湖の居住地トゥルリーダへ!

無数の野鳥が戯れる沼湖、湿地帯で有名なメソロンギの町は、パトラからリオ・アッディリオの橋を越えれば、車で約30分しかかかりません。途中印象的なのは、ギリシャ神話に出てくる河の神アケロオスで知られる、雄大なアヘロオス川。この川を越えてしばらくするとエトロアカルナニア県の首都メソロンギに到着します。町のつきあたりは、一見海のように見える淡水湖です。この湖に向かって左手には、海へ向かってまっすぐ伸びる道がありますが、右も左も沼湖に囲まれたこの道を進むと、海へ出てしまう少し手前に珍しい水上の家々が並ぶトゥルリーダという所があって見所の1つです。文字通り水上に建てられているのですが、床下は無数に立つ細い木の柱だけで支えられています。これがメソロンギの漁師が住んでいた伝統的な居住地。今ではほとんどの家は夏の家としてのみ使われているようですが、冬でも週末に魚釣りを楽しみにやってくる人々もいます。

 

トゥルリーダという伝統居住地は、水上に立つ漁師の家が集まる場所。細い木の柱だけで床を支えているのが印象的です トゥルリーダという伝統居住地は、水上に立つ漁師の家が集まる場所。細い木の柱だけで床を支えているのが印象的です

大学の町メソロンギには、お洒落なカフェやナイトクラブが集中!

中心には古い建物が目に付く歴史を感じるメソロンギ。本来人口1万2千人ほどの穏やかな町ですが、大学があるために学生がたくさん住んでいて活気があります。その町の中心部には、とにかくカフェが多く、お洒落度を競うようにいろいろなカフェが延々と並ぶ通りまであります。夜遊びが大好きなギリシャ人のこと。もしろんその近くにはいくつものナイト・クラブがあり、夜の人出もすごいとか。歴史の町、メソロンギでは、ゆったりと中心部を散歩すると、古い教会、石作りの壁の残る古い建物が目立ちます

 

ギリシャ独立戦争におけるメソロンギのリーダーの一人、アサナシオス・ラジコツィカスの生家を利用した美術館で町の中心部にあります。「メソロンギ脱出」の際に亡くなり、銅像が立てられています ギリシャ独立戦争におけるメソロンギのリーダーの一人、アサナシオス・ラジコツィカスの生家を利用した美術館で町の中心部にあります。「メソロンギ脱出」の際に亡くなり、銅像が立てられています

ギリシャ独立戦争と詩人バイロン

メソロンギは漁師の町であり、17世紀には漁業で商業的に大きな成功を収めていました。また船の製造でギリシャ一となり艦隊も所有していましたが、べネチアにおける支配の後、トルコの攻撃で艦隊は壊滅し、トルコの支配下に置かれるようになりました。実はギリシャ国内では、メソロンギは特に、トルコに対するギリシャ独立戦争での戦いで有名な町です。トルコによる長期にわたる攻撃や食料不足に耐え続けていた住民は、1826年4月10日、とうとう町からの脱出を決意します。歴史上語り継がれる、この「メソロンギ脱出」は、大半が武器も持たない一般住民であり、その後に生き残った人はわずかでした。毎年、復活祭の一週間前にあたる日曜日、この「メソロンギ脱出」記念祭があり、ギリシャ国内だけでなく外国からも主要な政治家が出席したりする、メソロンギの一番重要な祝日となっています。またこの独立戦争においては、世界的に有名なイギリスの詩人バイロンが義勇軍として参加しギリシャ独立に協力しましたが、1824年にこのメソロンギの地で亡くなりました。バイロンのお墓には彼の心臓だけが埋められているそうです。

 

大学生が集まるメソロンギの中心地にある、カフェの密集する通り。特に週末はたくさんあるナイトクラブも人で一杯になり、活気に満ちます 大学生が集まるメソロンギの中心地にある、カフェの密集する通り。特に週末はたくさんあるナイトクラブも人で一杯になり、活気に満ちます

【関連情報】

メソロンギへのアクセス:アテネからもパトラからもKTELの長距離バスが出ています。メソロンギのKTELのターミナルは町の一番中心の広場のすぐ隣なので、観光に便利です。
■ Athens bus station
住所:100, Kifisou St.
tel. 210.5133500
■ Patras bus station
tel. 2610.421205
■ Mesolongi bus station
住所:5 Mavrokordatou St.
tel. 26310.22371

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/12/17)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事