秋の恒例!パトラの街中で繰り広げられる国際カートレースは必見!

ギリシア・パトラ・祭り・イベントの現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

秋の恒例!パトラの街中で繰り広げられる国際カートレースは必見!

掲載日:2014/10/06 テーマ:祭り・イベント 行き先: ギリシア / パトラ ライター:アリサンドラトゥー芳香

タグ: すごい! 一度は見たい 激しい



ABガイド:アリサンドラトゥー芳香

【ギリシアのABガイド】 アリサンドラトゥー芳香
全ガイドを見る
イタリアのトスカーナに4年、そしてギリシャ、ペロポネソス半島北部の港町パトラ在住13年。ギリシャの大学生に日本語を教えながら、翻訳などもしています。小学生の子供が二人いるので、子連れの旅行についての情報や、もともと好きな遺跡等に関する情報、地中海料理などについて発信中!また、ブログ「地中海とカフェDiary」ではギリシャ生活について綴っています。

パトラ国際カート・サーキットでは、街中で迫力のカートレースを見ることができます。市道を使って行われるので、もちろん入場料も要りません。 パトラ国際カート・サーキットでは、街中で迫力のカートレースを見ることができます。市道を使って行われるので、もちろん入場料も要りません。

迫力満点のカートレース、P.I.C.K.

今年で6年目となる、パトラにおける秋のカートレースはパトラ国際カート・サーキット、通称PICKと呼ばれています。レースのコースは、パトラの町のど真ん中なので、すぐそばをカートが突っ走る迫力が味わえます。土日の二日間で、いろいろなカテゴリーで競われ、ジュニアのレースもあります。2014年のレースの日程は、9月27日と28日の二日間となっています。レースを半日観戦して、その後バスでオリンピアへ向かい、遺跡見学をしてオリンピアで1泊したり、パトラからイタリア行きの船に乗るスケジュールと組み合わせたりできるので、ぜひ計画を立ててみてください。

 

イタリアの車のスタントのプロ、FOLCO TEAMが登場して、いろいろな技を見せてくれました。 イタリアの車のスタントのプロ、FOLCO TEAMが登場して、いろいろな技を見せてくれました。

子供から大人まで楽しめます。

パトラの中心で、レースの中心部ともなっているヨルギウー広場は、レースに参加するカートを整備するスペースともなっているので、カートを間近で見ることができます。例年、カートだけではなく、フォーミュラが登場したり、イタリアから映画やTVのアクション・シーンでスタントをしているFOLCO TEAMが、車でのアクロバットのようなパフォーマンス・ショーをしたりと、子供から大人までが楽しめる内容となっています。昨年は展示されたフォーミュラに子供が乗って写真を撮ったりできるサービスもありました。コースとなっている通り沿いにはカフェなどがいくつもあるので、何か飲んだり軽食を取りながら見る、ということも可能です。ただ、直線コース部分では、通り過ぎるのが早すぎて、よく見えない上に、写真もうまく撮れないので、コーナーの手前が撮影ポイントとしてはお勧めです。

 

ヨルギウー広場では、整備中のカートを間近で見学できます。 ヨルギウー広場では、整備中のカートを間近で見学できます。

パトラでのカフェやランチ おすすめ

レースの中心となっているヨルギウー広場には、カフェがたくさんありますが、9月はまだ暑いのでお勧めはアイスクリーム屋さん。広場の下側(坂になっていて、海の方角が下側となります。)に、パトラには昔からあるケーキやさん2店舗が、イタリアン・ジェラート風のアイスクリーム屋を近年オープンしています。レースのコースとなっているメゾーノス通りと広場の角にある「カラヴェル」、そして、そこから広場の下に向かって2軒ほど下がったところにある「エーデルワイス」です。外に座れるテーブルがいくつもあるので、当日は混雑間違いなしですが、ぜひ試してみてください。おなかが空いてきたら、すごくお勧めなのが、そのすぐ近くにあるスヴラキ専門の店。広場の真下、イェロコストプールー通りとの角にある「カラマキ」です。ここでは、典型的な豚肉のスヴラキはもちろん、特に鶏肉のスヴラキと野菜のスヴラキが、他のどの店よりも美味しいです。

 

ジュニアのカートレース。 ジュニアのカートレース。

パトラへのアクセス

アテネのキフィスー・バスターミナルからパトラまでは、長距離バスKTELで、2014年の情報では所要時間が約3時間(1日10本ほどあるエクスプレスでは約2時間半)。将来的には高速道路が完成するので、だいぶ時間が短縮される予定です。日中はほぼ30分ごとに出ていて、時間も正確で便利です。以前は可能だった鉄道だけでの移動は現在はできなくなっているので注意してください。船でイタリアから到着する場合、現在のパトラ新港は市中心部から少し離れているため、港から市内バスで街中心部へ向かいます。パトラからオリンピアへは、KTELの長距離バスでパトラからピルゴスへ向かいます。日中1時間半から2時間の間隔で出ていて、所要時間は1時間半の距離です。ここでピルゴスからオリンピア行きに乗り換えます。こちらも約1時間半から2時間の間隔でバスが出ています。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2014/10/06)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事