page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハンガリー・ブダペスト・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ドナウの真珠、ブダペストに残る王妃エリーザベトの美しき姿


掲載日:2009/05/25 テーマ:観光地・名所 行き先: ハンガリー / ブダペスト

タグ: 美しい


オーストリア=ハンガリー二重帝国の王妃エリーザベト

その美しさから世界中に女性ファンが多いエリーザベト その美しさから世界中に女性ファンが多いエリーザベト

1000年王国ハンガリーの首都ブダペスト。町の中を流れるヨーロッパの大河ドナウ川は、通過する10か国の中で最高に美しい場所のひとつと讃えられている。そのドナウに架かる橋の一つにエリーザベト橋がある。真っ白で優雅、一見華奢にも見えるその橋は、命名の元となった人そのもののようだ。その人とは、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフの妃、エリーザベト。南ドイツ、当時のバイエル王国の大公女として生まれ育ち、15歳にしてオーストリア皇帝に見染められたシシィ、ことエリーザベトである。姉の見合いに同席したシシィだったが皇帝は彼女に一目ぼれし、シシィにプロポーズした。結婚式は翌年に行われ、シシィは16歳でオーストリア皇妃となった。

自由なハンガリーで自分らしさを取り戻す

エリーザベト広場はかつて長距離バスの発着所になっていたが、現在は緑の広場である エリーザベト広場はかつて長距離バスの発着所になっていたが、現在は緑の広場である

しかしウィーンの王宮で待っていたのは堅苦しい宮廷生活だった。質実剛健で知られるハプスブルク家は、皇帝であろうとその生活は質素そのもの。シシィは精神的に病み、主治医から転地を勧められて各地へ旅立つ。そんな中、オーストリア帝国はハンガリーと二重帝国の協定を結ぶ。フランツ・ヨーゼフとエリーザベトは新たにハンガリー国王ならびに王妃となってブダペストへ赴いた。シシィはすぐにハンガリーが気に入り、国王がウィーンへ戻っても一人でブダペストに滞在した。自由な空気がみなぎり、物質的にも精神的にも豊かなハンガリーをエリーザベトはこよなく愛した。そんな王妃の姿はハンガリー国民の心を動かし、圧倒的な支持を得た。

最も美しいエリーザベトの銅像

エリーザベトらしさが最もよく表れている気品あふれる銅像 エリーザベトらしさが最もよく表れている気品あふれる銅像

オーストリアをはじめエリーザベトの銅像は各地に見られるが、ブダペストの座像は彼女の気品を最も感じさせる大変優れた作品である。銅像建設に際しては国際コンペが開かれ、ヨーロッパ各地から作品が寄せられた。そしてハンガリーの彫刻家ザラ・ジョルジュの作品が最優秀に輝く。最終審査に残った5つの作品はいずれもエリーザベトの美しさと優雅さが十二分に現れており、どれも捨てがたいほどの力作である。この座像はゲッレールトの丘の麓、エリーザベト橋の袂に置かれている。緑の丘を背後にすこしうつむき加減で腰を下ろすエリーザベト。これほど彼女らしさが表現されている銅像は見たことがない。

秋にライトアップが予定されているエリーザベト橋

ゲッレールトの丘から眺めるエリーザベト橋。その向こうに鎖橋が見える ゲッレールトの丘から眺めるエリーザベト橋。その向こうに鎖橋が見える

ブダペストにはエリーザベトゆかりの場所がたくさんある。中心部にはエリーザベト広場もある。二重帝国時代に架けられたフランツ・ヨーゼフ橋はその後「自由橋」と名前が変えられてしまったが、エリーザベト橋はそのまま。オリジナルはアール・ヌーヴォー様式の大変美しい橋だったが第二次世界大戦で破壊され、再建されて近代的な現在の姿になった。2009年はハンガリーと日本の外交関係開設140周年にあたり、これを記念して秋には照明デザイナー石井幹子氏によるライトアップが計画されている。ただでさえ美しいこの橋がライトアップされれば、より美しく華やかになるであろう。それはこの橋の名にふさわしく、生前のエリーザベトを想わせるに違いない。

【関連情報】

■ Ersebet hid/エリーザベト橋
アクセス:トラム18、19、41番にてエリーザベト橋 Ersebet hid(エルジェーベト・ヒード)下車

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/05/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索