page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハンガリー・ブダペスト・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

王宮のある丘で食べる伝統ハンガリー料理


掲載日:2011/11/17 テーマ:グルメ 行き先: ハンガリー / ブダペスト

タグ: おいしい グルメ レストラン


美しい丘の上にあるレストラン

高級な雰囲気が漂うフォルトゥナのテーブル 高級な雰囲気が漂うフォルトゥナのテーブル

ブダペストの中心部を流れるドナウ川。その右岸の丘にハンガリー王国が遷都してきたのは13世紀のこと。それ以来、ハンガリーの歴史と共に様々な苦難を乗り越えてきた丘でもある。対岸のペスト地区が今では町の中心となって賑やかなのに対し、王宮のある丘は人通りも少なく古い家並みが続いている。住民の車とタクシー以外は乗り入れ禁止なので観光客は専用の城バスか、ケーブルカーで丘に上がって来る。丘の中央に聳えているのはマーチャーシュ教会。ジョルナイのカラフルな屋根瓦がひときわ美しい。その教会のほぼ斜め前に、静かなレストランがある。

高級感溢れるのに手ごろな値段

スープとして頼むとカップに入って出てくるグヤーシュ スープとして頼むとカップに入って出てくるグヤーシュ

古い建物で派手な装飾もなく、ここがレストランであることは気が付きにくい。重い扉を開けて中に入ると、美しくセッティングされたテーブルが並んでいた。夕方の早い時間では、また客は誰もいない。高級な雰囲気を感じながらメニューを見ると、意外と手頃な値段に驚く。ハンガリーの名物スープであるグヤーシュと、ハンガリー名産フォアグラを注文する。グヤーシュはポテトやニンジンなど野菜がたっぷり入った牛肉スープで、ビーフの塊も入っているため、メイン料理として頼むこともできる。その場合は2倍の量が大きな器で出てくる。パプリカパウダーの入った美味しいスープだ。

前菜からデザートまでハンガリーの名物料理で

むき出しの壁にピエロの人形を飾った地下室 むき出しの壁にピエロの人形を飾った地下室

フォアグラは前菜ならテリーヌ、メインで食べるときは贅沢なソテー。とろけるような感触がたまらない。フォアグラには温野菜が付いて4500フォリント(約0.4円)。このクオリティーでこの値段とは信じ難い。グヤーシュは1500フォリント、メニューには他に魚料理は4000〜5000フォリント、肉料理は3000〜6000フォリント、デザートは1250〜1500フォリントとなっている。店の名物フォルトゥナ・パラチンタをデザートに頼む。パラチンタはクレープのようなもので昔からハンガリーの家庭で作られていた。2つ出てきたクレープの、1つは温かくて中にリンゴのコンポートが、もう1つは冷たくて中にアイスクリームが入っていた。スープからデザートまで、申し分のない味である。

一度は聞きたいロマ民族の生演奏

中央の楽器はハンガリー特有のティンバロム 中央の楽器はハンガリー特有のティンバロム

フォルトゥナは19世紀半ばからレストランだった。15世紀に建てられた古い建物だが何度も建て替えられ、最後の工事は20世紀初頭。中世からそのままの地下室はワインセラーで、スパークリングを中心に常に500本の貯蔵がある。近年になって手前を80席のレストランに改築した。中庭席もあり、春先から秋にかけての昼間はこちらが人気。デザートが出てきた頃、ロマ民族バンドの演奏が始まった。ヴァイオリンのメランコリーな調べが、いかにもハンガリーらしい。旅情をそそる音楽と美味しいハンガリー料理。手頃な値段で過ごすことのできた贅沢な夜だった。

【関連情報】

フォルトゥナ 
Fortuna
住所:Hess Andras ter 4
電話:(1)375-6857、または 355-7177
営業時間:10:00〜16:00、 19:00〜01:00
定休日なし

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2011/11/17)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索