page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハンガリー・ブダペスト・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

目抜き通りのレストランでハンガリー名物料理がセット・メニューに


掲載日:2014/07/02 テーマ:グルメ 行き先: ハンガリー / ブダペスト

タグ: ビール レストラン 建築


20世紀初頭に建てられた美しい建物

シックなファサードの色合いが彫刻を引き立てる シックなファサードの色合いが彫刻を引き立てる

 ここはブダペストの目抜き通り、ヴァーツィ・ウッツァVaci Utca。有名なカフェ・ジェルボーがあるヴェレシュマルティ広場から自由橋近くの中央市場まで延びる歩行者専用道路だ。両側に並んでいるのは主にショップ、レストラン、カフェ、ホテルなどで、一年中観光客で賑わっている。ヴァーツィ通りには19世紀末から20世紀初頭にかけて建設された美しい建物がいくつか残されている。華麗なパサージュが際立つブルダーハウス、ファサードが見事なト―ネットハウス、豪華ホテルとなったクロティールドハウスなどなど。そしてもう一つ、ヴァーツィ通り15番、丁度ヴェレシュマルティ広場と中央市場との中間地点に、細かな彫刻が施された建物がある

1991年からハンガリー料理のレストランに

メニューを見せて店の宣伝をするオットーさん メニューを見せて店の宣伝をするオットーさん

 この建物に“何々ハウス”という特別な名称はなく、今はショルフォアラーシというレストランが入っている。1909年に建てられているが、当時流行ったアールヌーヴォーでもアールデコでもなく、ベネチアのゴシック様式を真似たものとされている。東西冷戦が終結した後の1991年にレストランとなった。1階の一角にフォークロ―のショップが入っているが、基本的に1階から3階までひとつのレストランだ。建物が美しいので直ぐ目にとまるが、入り口に実物大の人形が立っているのでなおさら目立つ。彼の名はオットー。ここで働いていた名ウェイターと言われているが、定かではない。でも地元の人は、ここを通るたびに「こんにちわ、オットー!」と声を掛けて行く。

ハンガリー料理にはビールもお薦め

レストラン・ショルフォアラーシの内部 レストラン・ショルフォアラーシの内部

 レストラン名のショルフォアラーシとは“ビールの泉”という意味だ。その名の通り、ここはビールを飲ませるレストラン。ハンガリーでビールとは珍しい、と思ったら、ピルスナー・ウアクヴェルという有名なチェコ産のビールを飲ませている。ハンガリーでは古くから良質なワインが造られたがビールは19世紀半ばから育たなくなった。1849年の独立戦争でオーストリアに敗れ、捕らえられたハンガリー兵士が大量に処刑された。その時、オーストリア将校たちはビールで乾杯した。それ以来、ハンガリーではビールで乾杯しなくなった。時は流れ、現在ではもちろんビールに抵抗がなくなったし、若者たちはビールで乾杯している。

 名物を取り合わせたツーリスト・メニュー

ツーリスト・メニューのグヤーシュ・スープ ツーリスト・メニューのグヤーシュ・スープ

 ビールはチェコ産でもショルフォアラーシの食事は純粋なハンガリー料理。有名なハンガリー料理の数々を単品で頼むこともできるが、お薦めは「ツーリスト・メニュー」だ。スープはグヤーシュ(牛肉と野菜のパプリカ味スープ)、メインにパプリカチキン、デザートはパラチンタ(ハンガリー風クレープ)というコースで、定番のハンガリー料理をセットで味わえるようになっている。値段は2900フォリント(1HF=0.47円)、と3コースにしては割安だ。単品ではスープが900HF前後、メインが1800〜3500HF、デザートが1000HF程度となっている。建物が美しく料理もおいしい。ブダペスト散策の折に寄ってみよう。

データ

ツーリスト・メニューのメイン料理パプリカチキン ツーリスト・メニューのメイン料理パプリカチキン

レストラン・ショルフォアラーシ
Sorforras Etterem
住:Vaci utca 15
電:(+36) 1 318 3814
開:12:00〜24:00
休:なし
http://www.sorforrasetterem.hu/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2014/07/02)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索