page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハンガリー・ブダペスト・安宿の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

国会議事堂の眺めが美しいアパートメント・ホテル


掲載日:2015/01/27 テーマ:安宿 行き先: ハンガリー / ブダペスト

タグ: ひとり旅 安い 節約


夜明けからペスト地区の眺めが美しい

朝焼けの中にシルエットが浮かび上がる国会議事堂 朝焼けの中にシルエットが浮かび上がる国会議事堂

 小さなプライベートホテルは慣れないと戸惑うことが多いが、一度試して慣れてしまうと便利で安価で、こんなに良い宿泊所はない。ブダペストにあるクオリティーが高くて経済的なプライベートホテルを紹介しよう。ドナウ川を見下ろす王宮の丘の中腹、川を挟んで国会議事堂の向いに位置するピアノ・キャッスル・ヒル・アパートメントだ。アパートメント・ホテルなので朝食は出ないが立派なキッチンがある。近くに大きなスーパーもあるので食材には困らない。シーズンオフならば「このクオリティーでこの料金?」と驚くほど安い。数日間滞在してブダペストをじっくり観光するには大変お得なアパートメント・ホテルだ。

空港から市内のどこへでも行ってくれる乗り合いミニバス

シンプルだが広々としたベッドルーム シンプルだが広々としたベッドルーム

 ブダペストのリスト・フェレンツ国際空港に到着したら、エアポートシャトルというミニバスを利用しよう。料金はタクシーの半額以下で、どこへでも行ってくれる。空港から近い順に寄って行くので所要時間はまちまちだが乗っているのは大体3組くらい。時間はタクシーとさほど変わらず、とっても経済的だ。空港の専用カウンターで行き先のホテルを告げてチケットを買う。係員が順にミニバスへ案内してくれる。「ピアノ・キャッスル・ヒル・アパートメント?聞いたことのないホテルだ。どこにあるんだ?」と訝る。住所を告げると、よし判った、とミニバスは出発。他の乗客はマリオットだのインターコンティネンタルだの、ペスト側のメジャーなホテルに宿泊なので先に回り、最後がブダ側のピアノ・キャッスル・ヒルとなった。

キッチンには数人用の食器や調理器具が揃っている

2つ目のベッドルームもゆったりしている 2つ目のベッドルームもゆったりしている

 看板も無く、ごく普通の小ぢんまりとした集合住宅なので判りにくいがミニバスの運転手はちゃんと探してくれた。PIANO APと書かれた小さな表札のブザーを押したが何の反応もない。困っていると年配の女性が通り掛ったので、藁にすがる気持ちで助けを求める。彼女が強引に何度も何度もブザーを押すと、やっと返事があり、玄関のドアが開いた。出てきた女性は流暢な英語で玄関のカギと部屋のカギの使い方や部屋の設備などを説明してくれた。アパートメント・ホテルだけあってキッチンには食器や調理器具が十分過ぎるほど完備。ダイニングテーブルも置かれている。ベッドルームが2室もあり、リビングまである。リビングのソファーをベッドに直せば最大6人まで宿泊できるので家族旅行などに最適だ。

王宮の丘の中腹という最高のロケーション

部屋の中から国会議事堂が見える 部屋の中から国会議事堂が見える

 ここに泊りたいと思ったのは国会議事堂の眺めが美しいから。ドナウ川を挟んで向かい側に議事堂が聳えている。国会議事堂は昼間でも美しいが早朝や夜の美しさは例えようがない。こんな眺めは王宮の丘のヒルトン・ホテルでしか得られないと思っていた。思いがけぬ所に隠れ家のようなアパートメント・ホテルがあったとは驚きで、嬉しい限りだ。地下鉄2号線のバッチャーニ広場駅に近く、トラムの停留所も近い。何かあれば直接オーナーに連絡せねばならないなど不便なこともあるが、価格の割のクオリティーと景観は最高。グループ旅行にもお薦めのホテルだ。

データ

ピアノ・キャッスル・ヒル・アパートメントの外観 ピアノ・キャッスル・ヒル・アパートメントの外観

ピアノ・キャッスル・ヒル・アパートメント
Piano Castel Hill Apartments
住所:1015 Budapest, Toldy Ferenc utca 44/a.
電話:(+36) 30 528 8027
E-mail:reservation@pianobudapest.hu
アパートメントの数:2
料金: 50€( オフシーズン ) 〜

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/01/27)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索