page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハンガリー・ブダペスト・憧れホテルの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ブダペストの豪華ホテル、ケンピンスキー・コルヴィヌス・ブダペスト(Kempinski Hotel Corvinus Budapest)


掲載日:2015/08/16 テーマ:憧れホテル 行き先: ハンガリー / ブダペスト

タグ: セレブ 一度は行きたい 憧れ 美しい


中心部の最も賑やかな場所にある最高級ホテル

入るとすぐに豪華なロビーが現れる 入るとすぐに豪華なロビーが現れる

ブダペストのショッピング街ヴァーツィ通りはヴェレシュマルティ広場から中央市場まで続く長い歩行者専用道路だが、最も賑やかなのはエルジェーベト橋近くまで。観光客が好むハンガリーらしい土産物店が並んでいるのはこの辺りだ。もう一つ、ヴェレシュマルティ広場から東へ延びるデアーク・フェレンツ通りは、ヴァーツィ通りとはちょっと異なったお洒落な歩行者専用道路。世界の高級ブランド店が軒を並べている。この通りにあるのがケンピンスキー・ホテル・コルヴィヌス・ブダペストだ。ホテルの入り口は反対側のエルジェーベト広場だがレストラン&カフェがこの通りに面している。コルヴィヌスとは、中世ハンガリーの最盛期を築いた国王マーチャーシュ一世のこと。ケンピンスキーとはドイツ系ホテルの名前で、世界31カ国に75軒あり、全て5つ星の最高級ホテル。デアーク・フェレンツ通りに花を添えているのもケンピンスキーのカフェテラスだ。

壁崩壊後に建設された新しい建物

ポスト・モダン風の建物は今でも斬新だ ポスト・モダン風の建物は今でも斬新だ

ブダペストでは1980年代、まだ社会主義時代だったにもかかわらず新しい立派な大型ホテルが次々と建設された。東欧の中でもハンガリーは早い段階から独自の経済改革を進めて行き、そのため西ヨーロッパからやって来るビジネスマンが多かった。ベルリンの壁崩壊後、それらの立派なホテルは欧米のチェーンホテルに買い取られ、名前も変わった。ヒルトン、インター・コンティネンタル、マリオット、ハイアットなどなど。そんな中、ケンピンスキーが街のど真ん中に新たなホテルを建設。場所は3つの地下鉄が交差する唯一の駅、デアーク・フェレンツから徒歩1分のエルジェーベト広場だ。1992年に完成した真新しい建物は人目を引いた。当時はまだ、古い貴族の館を改築したホテルがなかったため、ケンピンスキーはブダペスト随一の最高級ホテルであり、建物はポスト・モダン建築の流れを感じる斬新なものだった。

全体の高級感を保ちつつレストランはカジュアルに

下から2番目のカテゴリーであるデラックス・ルーム 下から2番目のカテゴリーであるデラックス・ルーム

客室は7カテゴリーあるが、スタンダードなSuperior Rooms でもゆったりしている。下から2番目のDeluxe Roomは広すぎるくらいだ。朝食は1階のレストランで。朝食時間が終わると、デアーク・フェレンツ通りからも入れるレストランES Bisztroエーシュ・ビストロになる。開業当時、レストランは各テーブルに真っ白なクロスが掛っており、スタッフも黒いスーツの制服で高級感たっぷりだった。ところが今やウェイトレスは赤いジーンズ姿にTシャツ。テーブルに白いクロスは無く、室内は垢抜けたモダンインテリア。外部から入って来るお客さんもジーンズにTシャツ姿が多い。ケンピンスキーのレストランは高級で知られていたが、時代に合わせて路線を変更。2013年に現在のブラッセリー風レストランに変えた。かつての堅苦しい雰囲気は全くなく、カフェと合わせてカジュアルを謳っている。もう一つの、西側のベーチ通りから入るNobuは世界に知られる高級和食レストラン。ハンガリーの富裕層のみならず、若いブダペストっ子たちにも人気がある。

質の高いサ―ビス内容に満足がいく

カジュアルな雰囲気のレストランES Bisztroエーシュ・ビストロ カジュアルな雰囲気のレストランES Bisztroエーシュ・ビストロ

ホテルに泊った時の楽しみの一つが朝食だ。ケンピンスキーではコーヒー、紅茶にこだわりを持ち、色々な種類を揃えている。メランジュやブラウナーなどウィーン風コーヒーも用意。紅茶の葉の種類は豊富で自分でブレンドもできる。パンはホテルの窯で焼いており、ハンガリーならではのパプリカ風味を生かしたものが多い。ハム・ソーセージ部門ではパプリカサラミが抜群に美味しい。サービスといえばエレベーター脇や長い廊下の途中に置かれたソファーも見逃せない。側の小さなテーブルに飾られ花に心がなごむ。フロントとコンシェルジュも素晴らしい。チェックアウトの時間帯にフロントは4人体制なので待たされることがない。ロビーの右脇にあるコンシェルジュでは大きな椅子に座ってゆっくり質問できる。一人一人への対応が丁寧で長いため、机が2つ置かれており2人の担当者が対応してくれる。あらゆる面で非常に満足度の高いホテルである。

データ

寛ぐならロビーの奥にあるラウンジへ 寛ぐならロビーの奥にあるラウンジへ

ケンピンスキー・ホテル・コルヴィヌス・ブダペスト
Kempinski Hotel Corvinus Budapest

住所:Erzsebet ter 7-8,   1051 Budapest
電話:+36 1 429 3777
Fax:+36 1 429 4777
客室数:349
宿泊料:シングルルーム175ユーロ〜、 ダブルルーム 205ユーロ 〜
予約:reservation.corvinus@kempinski.com
URL: www.kempinski.com/budapest

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/08/16)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索