page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハンガリー・ブダペスト・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

若手芸術家を支援するブダペストの高級レストランKOGART


芸術と食のコラボレーション

まるで飾り物のような見事なバラの菓子 まるで飾り物のような見事なバラの菓子

バラの香り漂うムース。まるで大きなブローチのように美しく、食べてしまうのがもったいない。しばらく眺めてから、ためらいがちに口にする。バラの花は壊れた。泡のように口の中でとろけ、バラの香りが全体に広がる。「バラの味がする!」と驚くと、シェフが教えてくれた。赤いバラの花からエッセンスを抽出し、それをベースにしている、と。色、形、味、まさにオリジナルの素晴らしさが出ている。ここはブダペストの中心部、アンドラーシ通りにあるレストラン・コガルト。シンプルな内装だが、壁という壁に絵が飾られている。シェフはこれらの絵からヒントを得て料理を考え出すという。このバラも描かれていたものの一つだそうだ。

館と周辺の雰囲気を味わうだけでも来る価値がある

囲いの鉄柵も芸術的なコガルトの館 囲いの鉄柵も芸術的なコガルトの館

アンドラーシ通りはハンガリーがオーストリアと二重帝国を築いていた時代の外相アンドラーシ伯爵がパリのシャンゼリゼを視察して1872年に建設したという由緒ある大通り。今日3本の地下鉄が交差するデアーク・フェレンツ広場から英雄広場まで真っすぐに伸びる全長2.3Kmの美しい並木道だ。デアーク・フェレンツ広場からしばらくの間はレストランやショップが並ぶ大変にぎやかな大通りだが、途中から次第に静かになってくる。庭付きの豪邸が建ち並ぶようになり、今日ではそれらの多くが各国の大使館、あるいは大企業のオフィス。雰囲気が良く、散歩するのに最適な通りになっている。そこに並ぶ立派な邸宅の一つがレストラン・コガルトだ。ムンカーチ・ミハーイ通りとの角にあるので判りやすい。

オーナーは画家でもある有名な画商

バラの菓子を考案させた作品 バラの菓子を考案させた作品

一見、レストラン風の外観ではなく、館には正面に大きなポスターが掲げられ、アートコレクションの文字も見られる。あれ、ここは美術館?…と一瞬戸惑う。それもそのはず、ここはギャラリーを兼ねたレストランなのである。オーナーのガーボル・コヴァーチ氏はハンガリーで有名な絵画の個人コレクター。自ら絵をたしなむ画商でもあるが、芸術家の育成にも力を入れている。若き芸術家たちを育てようと2004年にこの館を買い取りギャラリー&レストランを開いた。1階がレストラン、2階と3階はギャラリーだ。400点もあるコヴァーチ氏のコレクションは18世紀から現在に至るまで様々だが、現代絵画が多い。常設展示とは別にギャラリーでは若い無名の画家たちの個展を開き、彼らにチャンスを与えている。

経営にゆとりを感じるコガルト

無名の若手画家の絵もレストランに飾られている 無名の若手画家の絵もレストランに飾られている

料理は建物に相応しくエレガントで贅沢な味。素材にこだわるのは言うまでもなく、季節の野菜を多く取り入れている。ワイン好きのコヴァーチ氏はエゲルにワイナリーを持っているので16種類のワインはほとんどがエゲル産だ。気になるお値段は、メイン料理が3000〜4500HUF、グラスワインは1000〜1400HUF、ケーキは一律900HUFといったところ。ランチメニューは?と尋ねると、全てがランチタイム料金という。聞けば、ここは11時から18時までの営業、しかも土日祭日は休業。つまり平日の昼間しか開いていないのだ。そんなことでお客が来るのかと問うと、コガルトの客は殆どが外交官や大使館職員、周辺にある大手企業の人たちばかりなので夜は利用しないという。それ以外の客も来ていると思うのだが、あまり商売っ気を感じられないのは、レストランより芸術の方に力を入れているからか。それにしてもユニークなレストランだ。一度は是非、訪れてみたい。

データ

シンプルなインテリアは絵を飾るため シンプルなインテリアは絵を飾るため

KOGART
住所:Andrassy ut 112, 1062 Budapest
電話:+36 1 354 3830
営業時間:月曜から金曜の10:00〜18:00
休日:土曜、日曜、祭日
アクセス:地下鉄1号線のバイザ・ウッツァBajza utca駅から英雄広場方面へ徒歩約3分
※ 1フォリントは約0.42〜0.45円なので、日本円なら表示価格の半分と思えばよい

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/12/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索