page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハンガリー・ブダペスト・リゾートの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

夏はハンガリーの海、バラトン湖へ


掲載日:2016/05/17 テーマ:リゾート 行き先: ハンガリー / ブダペスト

タグ: 一度は行きたい


ブダペストから日帰りで楽しもう

海辺に来たような気分になるバラトン湖 海辺に来たような気分になるバラトン湖

海のない国ハンガリーでは、大きなバラトン湖のことをマジャール・テンガーと呼んでいる。つまり「ハンガリーの海」という意味だ。実際、バラトン湖を訪れてみると、これが湖なのか、と訝るほどに大きい。東西に細長いので場所によっては幅が狭くて対岸が見える所もあるが、小さな波もあって大きくて、まるで静かな海のようだ。ブダペストから斜め南西におよそ130キロ。バラトン湖行きの電車はブダペストの南駅から出発する(ウィーンなど西ヨーロッパへ向かう電車は東駅から)。2時間15分ほどで湖北側の拠点となるバラトンフュレドに到着する。駅からは緩い下り坂を湖の方へ歩いていくと、10〜15分で湖畔に出る。

独特な水の色、ハンガリー随一の景勝地

週末にはハンガリー各地から家族連れがバラトン湖を訪れる 週末にはハンガリー各地から家族連れがバラトン湖を訪れる

湖畔に近づいて驚いた。水が不思議な色をしているのだ。淡いエメラルドグリーンに白を混ぜたような、何とも美しい色だ。湖北側にはボーキサイトの鉱床があり、アルミニウム精錬の排水が湖を緑にしているという説もあり、汚染だ、という人もいる。色の科学的根拠は判らないが、とにかくこの独特な色がバラトン湖をより美しく見せている。東西の長さは約78Km、幅は平均で10Km前後。冬は水面が凍ることもあるが、夏場は水温27度と温かいので泳ぐことができる。湖北側に小さく突き出たティハニ半島があり、この先端から対岸まではわずか1.5Kmと最も狭い。毎年7月にバラトン湖横断の水泳大会が開かれている。ティハニには1055年に創立された古い修道院教会があり、地下部分を残して18世紀に現在の姿に建て替えられた。

ブダペストから最も近いバラトンフュレド

湖北側に突き出た小さなティハニ半島と修道院教会 湖北側に突き出た小さなティハニ半島と修道院教会

バラトンフュレドは高級リゾート地だ。湖畔にはヨットクラブの港がいくつも並び、新しいヨットがひしめき合っている。観光客が多いので港の近くにはレストランやカフェはもちろんのこと、様々なショップがずらりと並んでいる。湖際のレストランやカフェはブダペストの高級レストラン並みの価格だ。ここで休暇を過ごせるのはある程度は限られた人たちなのだろう。19世紀前半、ハンガリーの貴族たちはバラトンフュレドに別荘を持つようになった。貴族たちが集って話し合い、その中には後にハンガリー革命を担った者たちもいた。そのように、バラトン湖は政治を語り合う場でもあった。政治といえばベルリンの壁崩壊も、このバラトン湖から始まっている。

のどかな光景の中には重い歴史がある

バラトンフュレドのお洒落なカフェ、カロリーナ バラトンフュレドのお洒落なカフェ、カロリーナ

昔からヨーロッパ有数の保養地だったバラトン湖にはドイツから多くの避暑客が訪れており、冷戦時代も手続きすればハンガリーに入国できた。東ドイツ人たちは同じ社会主義国のハンガリーへは渡航が許された。こうしてドイツの親戚たちはバラトン湖で再開していたのである。早くから自由化を目指していたハンガリーは1989年5月にオーストリア国境との鉄条網を撤去する。これを知った東ドイツ人たちが大量にバラトン湖へやってきて長期滞在し、西側への脱出を狙っていた。彼らを逃がすために開かれたヨーロッパピクニックや、それが元で起こったベルリンの壁崩壊はあまりにも有名だ。そんな歴史を語るものは誰もいない。、4分の1世紀以上経過した今、バラトン湖は富裕層が集う高級リゾート地になっている。

データ

バラトン湖南側のシオフォークも有名な保養地 バラトン湖南側のシオフォークも有名な保養地

Karolina Kavehaz
住所:Zakony Ferenc Setany 4, 8230 Balatonfured
電話:+36 87 583 098
オープン:4月から10月までの9:00 〜 24:00、日曜は21時まで
www.karolina.hu

バラトン湖へはブダペストの南駅Deli Palyaudvarから鉄道で、
あるいはNepliget autobusz-palyaudvar からバスで来ることができる

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/05/17)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索