page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハンガリー・ブダペスト・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ハンガリーにヴェスプレームという王妃の町がある


掲載日:2016/09/10 テーマ:観光地・名所 行き先: ハンガリー / ブダペスト

タグ: 一度は行きたい 公園 歴史


歴代ハンガリー王妃はこの町で戴冠した

崖っぷちに立っているイシュトヴァーン国王とギーゼラ王妃 崖っぷちに立っているイシュトヴァーン国王とギーゼラ王妃

ハンガリーは建国1000年以上の歴史を誇る非常に古い国だ。もともとウラル山脈のふもとで暮らしていたマジャル民族たちは次第に西へ移動し始め、最終的に7つの部族が今のハンガリーの地であるカルパチア盆地にたどり着いた。それは9世紀末のことだった。この7つの部族を取りまとめていたのがアールパードという部族長で、彼の子孫が初代ハンガリー国王となるイシュトヴァーンなのである。イシュトヴァーンはスロヴァキアとの国境に面したドナウ河畔の町エルテルゴムでハンガリー国王として戴冠した。キリスト教徒に改宗した彼はヴェスプレームに城を建て、司教座を置いた。そしてイシュトヴァーンはドイツのバイエルン大公ハインリヒ二世の娘ギーゼラを妃に迎えた。

築城に最適だった硬い岩山

岩山の上の旧市街から眺めるヴェスプレームの町 岩山の上の旧市街から眺めるヴェスプレームの町

ギーゼラはヴェスプレームの大聖堂で初代ハンガリー王妃として戴冠した。イシュトヴァーンは国王でありながらも、キリスト教布教のために各地を回っていたので王妃ギーゼラはほとんどヴェスプレームの城に住んでいた。その後の歴代の王妃はヴェスプレームで戴冠してこの町に住むようになったので、ヴェスプレームは「王妃の町」と呼ばれるようになる。歴代の国王はエステルゴムなど司教座のある町を頻繁に訪れねばならず、留守の間に妃を安全な場所に住まわせておく必要があった。ヴェスプレームは硬い岩山の上にあり、周りを市壁で取り囲んだ非常に堅固な城塞だったので王妃がここに居れば安心だった。ヴェスプレームの旧市街に来てみると、いかに攻め難い地形であるのか、よく判る。

頑丈に造られた旧市街への市門

この門前で壮絶な戦いが繰り広げられた この門前で壮絶な戦いが繰り広げられた

旧市街への入口「英雄の門」へは石畳の急な坂道を上って行く。反対側から細い石段を登って来る方法もあるが、いずれにしても息切れするほど急斜面だ。イシュトヴァーンは1千年にキリスト教に改宗したが、それ以前の原始宗教を捨てきれなかった部族長の子孫たちと長く争わねばならなかった。最終的な勝利はヴェスプレームでの戦いだった。「英雄の門」は、果敢に戦った兵士たちを讃えている。岩山の上は城道と呼ばれる通りが1本あるだけで、両側に教会や大司教の館、大聖堂、礼拝堂、博物館などが並んでいる。かつての城はもうない。道の突当りにイシュトヴァーン王とギーゼラ王妃の真っ白な石像が立っていた。二人とも上品な面立ちをしている。後ろは崖で、ここからヴェスプレームの町が見渡せる。

シシィファンには耳よりの情報

市民の公園に立つエリーザベト王妃の胸像 市民の公園に立つエリーザベト王妃の胸像

旧市街の城山を下りると、公園にエリーザベト王妃の胸像があった。1867年に発足したオーストリア=ハンガリー二重帝国時代にハンガリーの王妃だったエリーザベトで、シシィの愛称で親しまれている。ドイツのバイエルン出身で、バイエルン王であるヴィッテルスバッハ家の血を引いた公女だった。ハンガリー王妃として戴冠して以来、彼女はハンガリーに長く滞在した。夫のフランツ・ヨーゼフ皇帝と共にブダペストで戴冠したのでヴェスプレームには来ていない。エリーザベトはイシュトヴァーンのミサ用のマントをオリジナル通りに作らせてヴェスプレームに寄付した。ヴェスプレームの町は王妃に感謝し、彼女の死後に胸像を立てた。初代のギーゼラ王妃と同じバイエルン出身のエリーザベト王妃。彼女の胸像もヴェスプレームの観光スポットに加えたい。

データ

小さな旧市街の中心広場には三位一体像が、その背後に大聖堂が聳えている 小さな旧市街の中心広場には三位一体像が、その背後に大聖堂が聳えている

ヴェスプレームVeszpremへの行き方
ブダペスト南駅ブダペスト・デーリBudapest-Deliより電車で約1時間半
ほぼ30分間隔で直通電車が出ている
鉄道駅から旧市街は離れているので、タクシーか路線バスを利用する
ブダペストのバスターミナル、ネープスタディオーンNepstadionからバスで来ることもできる

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/09/10)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索