page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハンガリー・ブダペスト・世界遺産の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

地下鉄では初めての世界遺産であるブダペスト地下鉄1号線


掲載日:2018/01/16 テーマ:世界遺産 行き先: ハンガリー / ブダペスト

タグ: 街歩き 世界遺産 地下鉄


黄色い地下鉄が世界遺産になる

ゆっくりホームに入ってくる地下鉄1号線 ゆっくりホームに入ってくる地下鉄1号線

ハンガリーの世界遺産は8か所あるが、その一つがブダペストで正式名称は「ドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペスト」である。ドナウ河岸とブダ城地区は1987年にホッローケー村と共にハンガリーで初めて世界遺産に登録された。その後ハンガリー政府はペスト地区のアンドラーシ通りと、その地下を走る、建国千年を記念して建設された地下鉄1号線も世界遺産へと拡大登録を申請した。2002年にこれが認められ「アンドラーシ通りと1千年記念地下鉄Andrassy Avenue and the Millennium Underground Railway」が加えられた。アンドラーシ通りは1872年に外相アンドラーシ伯爵によって建設された美しい並木道である。鉄道が世界遺産に登録されているのはオーストリアのゼメリング鉄道やインドの山岳鉄道などもあるが、地下鉄はここだけだ。

始発のヴェレシュマルティ広場から乗ってみよう

外国人観光客に人気のカフェ・ジェルボー前にある地下鉄階段の立派な石柵 外国人観光客に人気のカフェ・ジェルボー前にある地下鉄階段の立派な石柵

地下鉄1号線は、ハンガリーの建国千年祭に合わせて1896年に開通した。開削式工法だったためトンネルは浅く、まるで地下通路へ降りて行くような感じだ。そのため階段が少なくて乗り降りが便利。この路線上には観光名所がたくさんあるため外国人旅行者の利用も多い。中心部の始発駅はヴェレシュマルティ広場。歩行者専用のショッピング街ヴァーツィ通りが始まる広場だ。有名なカフェ・ジェルボーの前に地下鉄の階段がある。次の駅は3本の地下鉄が交わるデアーク・フェレンツ広場。そしてオペラ座の前やリスト記念館、コダーイ記念館など観光名所に近い駅に停りながら英雄広場、セーチェニィ温泉へ。次のメキシコ通りが終点となる。わずか11駅、4.4キロの短い路線だ。黄色い車両が特徴で、“黄色のメトロ”と呼ばれている。

世界で2番目に古い地下鉄

1号線のホームはどこもレトロなタイルで駅名が記されている(写真はオペラ駅) 1号線のホームはどこもレトロなタイルで駅名が記されている(写真はオペラ駅)

世界初の地下鉄はロンドンで1863年開業。それより30年以上遅れているが、世界で2番目に古い地下鉄だ。世界で2番目は1875年に開業したイスタンブールのチュネルだという人もいる。ガラタ橋袂からチュネル広場までの1駅をトンネルで走るケーブルカーだが、これを地下鉄と見なすのか登山鉄道と見なすのかは意見が分かれるところ。一般にはブダペストの1号線がロンドンに次いで2番目とされている。ニューヨーク市は地下鉄開設にあたってブダペストに使節団を派遣しているくらいだ。2000年頃までは遊園地を走る電車のような雰囲気があったが、最近は車両がすっかり新しくなってレトロ感が消えてしまった。それでもホームには昔ながらの雰囲気があり、どの駅にもタイル装飾が施されている。

切符は必ず目的地まで購入して乗車しよう

新型車両になったブダペストの地下鉄1号線 新型車両になったブダペストの地下鉄1号線

ブダペストの地下鉄といえば、検札が厳しいことで知られている。地下鉄やトラムでは頻繁に検札官が乗り込んでくる。最近は地下鉄ホームの入口やエスカレーターの前に係員が立って切符の提示を求めている。それをするなら日本の様に改札口を設ければよいと思うのだが人件費の方が安いのであろう。入口で検査を受けているのに車内へ検札官が乗り込んでくる二重チェックも時々ある。違反行為に対しては高額な罰金を徴収されるので、切符はきちんと購入して正しく使用しよう。使い方を間違えると問答無用で釈明の余地なく罰金を支払わねばならない。特に地下鉄1号線は観光客が多いので検札が厳しい。フリーパスの24時間券や72時間券は使い方を間違えることがないのでお勧めしたい。そうして是非、世界遺産の黄色い地下鉄乗り放題を楽しもう。

データ

1号線の車両は幅が狭く、車内はこぢんまりしている 1号線の車両は幅が狭く、車内はこぢんまりしている

ブダペストの地下鉄は現在4路線あり、路線図では色分けされている。
1号線は黄色:オペラ座やアンドラーシ通り、英雄広場、セーチェニィ温泉など観光名所が多い
2号線は赤:ゲデレー城やセンテンドレに行く郊外電車の乗換駅がある
3号線は青:南の終点からブダペスト空港へ行くバスが出ている
4号線は緑:東駅が東の始発で中央市場などを通って西のブダ側へ

1,2,3号線はデアーク・フェレンツェ・テールで交差し、乗り換え可能
3号線と4号線はカルヴィン・テールで乗り換え可能

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/01/16)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索