page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハンガリー・ブダペスト・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

世界一美しいと謳われるブダペストのカフェ


掲載日:2019/06/16 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: ハンガリー / ブダペスト

タグ: 街歩き 建築 素晴らしい 美しい


観光名所の一つになっているカフェ・パリ

初めて訪れた人は感嘆の声を上げるほどの美しさ 初めて訪れた人は感嘆の声を上げるほどの美しさ

ブダペストのカフェ・ニューヨークは世界一美しいと謳われているが、同じくらい美しいカフェがもう一軒ブダペストにある。それはカフェ・パリ。ブダペストの目抜き通りであるアンドラーシ通りに面した建物の中にある。国立歌劇場も近く、若者が集まるリスト・フェレンツ広場からは徒歩1〜2分ほど。観光客が多い場所なので、ここを訪れるツーリストはたくさんいる。しかし彼らの多くは入口で立ち止まり、パチパチ写真を撮って帰って行く。かつてカフェ・ニューヨークがそうだった。きちんと訪れているお客さんの迷惑になるという理由で写真撮影だけの訪問者をシャットアウト。カフェ・パリは今のところ寛容なので追い返したりしない。そのため撮影だけの観光客が次から次へとやって来る。

貴族たちの舞踏会ホールを保存して6階建てに改築

ハンガリーのアール・ヌーヴォーと言われるちょっと変わった建物 ハンガリーのアール・ヌーヴォーと言われるちょっと変わった建物

天井が高い大きなホールは最初からカフェとして造られたのではなく、ここはかつて舞踏会ホールだった。歴史的には1882年、この場所に貴族のクラブが建てられ、その2階に舞踏会用のホールが建設された。黄金に輝く豪華な広間で、極め付きは天井画。ハンガリーの名画家カーロイ・ロッツが手掛けた長方形の大きな天井画がある。絵の両側から垂れ下がる2つの大シャンデリアも見事だ。1900年代にブダペストのある実業家がこの建物を買い取り、ホールを保存しながら6階建てに建て直す。1910年に完成した建物は当時流行りのアール・ヌーヴォー様式。ギュスターヴ・ペットシャハーというウィーン生まれの建築家が設計している。出来上がった建物は「パリ大百貨店」と名付けられて1911年にオープンした。ブダペストで初めての大型デパートだった。

修復されたホールはブック・カフェになり、今はカフェ・パリに

ブダペスト国立歌劇場の天井画を手掛けたカーロイ・ロッツが、この美しい天井画を描いている ブダペスト国立歌劇場の天井画を手掛けたカーロイ・ロッツが、この美しい天井画を描いている

社会主義時代を経て、2005年から建物の全面修復が始まり4年の歳月をかけて完成した。2009年に一階の吹き抜けホールがアレクサンドラ書店という本屋に生まれ変わった。書店は2階のホールをカフェとして経営。ここにブック・カフェが誕生した。この時から見学にやって来る観光客が後を絶たず、絢爛豪華なブック・カフェはたちまち有名になった。しかしアレクサンドラ書店が2016年に撤退した時、同時にブック・カフェもなくなった。しばらく空っぽのホールになっていたが、嬉しいことに再びカフェとして蘇った。新しいカフェの名前は建物の名に因んで「カフェ・パリ」に。デパートの時代はとっくに終わっているが、ファサードには今でもPARISI NAGY ARUHAZ (パリ大百貨店)の文字がくっきり残っている。

飲物をたっぷり提供、ゆっくり寛ぐようにとのサービス精神

大きな取っ手の付いた真っ白なティーポットにはたっぷり紅茶が入っている 大きな取っ手の付いた真っ白なティーポットにはたっぷり紅茶が入っている

こんなに素敵なカフェなのだから写真だけ撮って帰るのではなく、是非一休みしていこう。メニューを見ると紅茶にこだわっているらしく、たくさんの種類がある。その一つを頼んでみると大きなポットで運ばれてきた。ティーカップで3杯以上ありそう。こんな量は飲みきれそうにないが、きっと「どうぞ、ごゆっくりお召し上がりください!」ということなのだろう。コーヒーを頼んだ人も大きなポットで出されている。歩き疲れたので少しのんびりしていると、ピアノ演奏が始まった。曲はパリ風というよりもウィーン風。楽しいワルツやポルカが次々に奏でられる。ケーキの種類が多く、ドヴォシトルテなどハンガリー発祥のウィーン菓子もケースに並んでいる。ピアノの生演奏を聞きながらケーキを食べるなら、ブダペストの良き思い出になるだろうう。

データ

ショーケースに並ぶ様々な種類のケーキ ショーケースに並ぶ様々な種類のケーキ

カフェ・パリ Cafe Parisi
住所:Andrassy ut 39. 1061 Budapest
電話.70 947 7894
オープンタイム:毎日9:00〜21:00
休み:なし
アクセス:地下鉄M1号線オクトゴンOktogon徒歩3分
予算:コーヒー、紅茶は1300フォリント、ケーキは1000フォリント前後、(1フォリント=約0.5円)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/06/16)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索