page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハンガリー・ブダペスト・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ブダペストの老舗ケーキ店ルスヴルム


今や超人気のカフェ&コンフェクショナリー

ハンガリーの伝統菓子ドヴォシュトルテとルスヴルム・コーヒー ハンガリーの伝統菓子ドヴォシュトルテとルスヴルム・コーヒー

ここはブダペストの王宮の丘。細長い丘の上の中心は、真ん中にある三位一体広場。マーチャーシュ教会や漁夫の砦が広場に面し、バス停もある一番にぎやかな場所だ。そこから三位一体通りをほんの少し南へ進むと、緑色の小さな館がある。入口の上にRuszwurmと書かれているが、窓がひとつあるだけで中は見えない。一体何の店なのだろう。実はここ、ルスヴルムというブダペストで最も有名なケーキ屋さんなのだ。ペスト側にある有名なカフェやケーキ店では、正面にガラスの部分を多くして中が見えるようになっている。しかしここは知らなければ通り過ぎてしまうような小さなケーキ店。でもブダペストっ子がルスヴルムを知らないわけはない。ガイドブックで紹介されるようになってからは、観光客も大勢訪れるようになった。

毎日のように順番待ちの列ができる

アイスクリームの列は店の外まで延々と続いている アイスクリームの列は店の外まで延々と続いている

人気の理由は、王宮の丘にある唯一の老舗ケーキ店であること、全てのケーキが美味しいこと、良心的な価格であること、行きやすい場所にあること、などであろう。伝統的なハンガリーのケーキだけを作っており、姿形は極めてオーソドックス。昔ながらの建物で、こぢんまりとした店内はすぐに満席になってしまう。季節の良い間は路上いっぱいにテーブルを張り出しているが、そこも直ぐに埋まってしまう。店の中では順番待ちの人が立って待っているほどだ。最近はテイクアウトのアイスクリームも作りだしたので、その列は店の外まで連なっている。観光客の少ない冬場に訪れるなら、きっとゆっくり寛ぐことができるであろう。インテリアはビーダーマイヤー調と言われる大変クラシックなもの。帽子をかぶったご婦人が座っていたら似合いそうな店内だ。

伝統菓子クレメーシュとショムロイ・ガルシュカ

ふんわりと美味しそうなクレメーシュ ふんわりと美味しそうなクレメーシュ

地元の人にも観光客にも人気あるのがクレメーシュという柔らかいクリームケーキ。卵黄を加えて泡立てた生クリームをパイ地の間に分厚く挟んだハンガリーのケーキだ。クセが強そうな見た目だが、この菓子は意外とそうでもない。特にルスヴルムでは甘さも控えめで、あっという間に平らげてしまう。人気があるケーキなので、店によってはオリジナルを打ち出して形の違うモダンなクレメーシュを作っているが、ルスヴルムのは真四角で伝統的な形だ。同じくハンガリー伝統菓子のショムロイ・ガルシュカもルスヴルムの人気メニュー。スポンジ生地にラム酒やチョコレートソースをかけたものでホイップクリームもたっぷり乗っている。器に盛られて出てくるので、まるでパフェのように見える。

2度も再婚して店を守り、娘夫婦に渡す

ボリュームたっぷりのショムロイ・ガルシュカ ボリュームたっぷりのショムロイ・ガルシュカ

ルスヴルムの歴史は1827年にフェレンツ・シュヴァブルという菓子職人が開いた店から始まる。開店してから間もなく彼は亡くなり、未亡人は1830年にパン屋のリヒターと再婚して店を継ぐ。ところが、そのリヒターも1846年に亡くなってしまった。今度は従業員のミュラーと再婚して店を続け、2人の間に女の子が生まれた。その娘が菓子職人ヴィラモシ・ルスヴルムと結婚して店を継ぎ、1884年に店名をルスヴルムとした。社会主義時代は国営化されるが名前はそのままで存続し続け、政治体制が変わった1994年に新たなオーナーのもとルスヴルムは再開店した。200年近い歴史を持つ老舗である。ペスト地区では19世紀後半に次々とカフェが誕生し、それらのいくつかは今日も存在する。1858創業のカフェ・ジェルボーよりも古いルスヴルム。ブダペストへ来たら、是非一度、ここでケーキを味わおう。

データ

小さな店内は古き良き時代を彷彿させる 小さな店内は古き良き時代を彷彿させる

ルスヴルム・コンフェクショナリー
Ruszwurm Cukraszda

住所:Szentharomsag u. 7
電話:+33 1 375 5284
開館時間:毎日10:00~18:00
休日:なし
アクセス:バス16番、16A番、116番でセントハーロムシャーク・テールSzentharomsag ter下車徒歩1分

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/09/21)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索