page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハンガリー・ブダペスト・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ブダペストには3軒のヘレンド直営店がある


掲載日:2019/12/21 テーマ:ショッピング 行き先: ハンガリー / ブダペスト

タグ: お土産 安い 憧れ


ハンガリーへ行くなら自分の土産にヘレンドを

グリーンの花とゴールドの縁取りが華やかな「アポニー」シリーズ グリーンの花とゴールドの縁取りが華やかな「アポニー」シリーズ

ハンガリー土産の定番と言えばトカイワイン、フォアグラの缶詰、パプリカパウダー、ハンガリー刺繍のテーブルクロスやコースター、などであろうか。パプリカパウダーや刺繍のコースターなどは義理土産に丁度良い。有名なトカイワインや良質なフォアグラの缶詰などもちょっとした土産になる。そんな中、自分のために買いたい一品として是非ともお薦めしたいのがヘレンドの磁器である。食器に興味がない人でもヘレンドの名前は聞いたことあるのでは。ドイツのマイセンと並ぶ銘窯で、品質の良さはマイセンと世界で1、2を競い合うほど。日本のファンも多いが、日本で買うと高価過ぎてなかなか手が出ない。ところがハンガリーでは日本での半額以下で買い求めることができるのだ。その点では最も買う価値がある土産物ではないだろうか。

本店も支店も全国共通の価格で販売

「ウィーンの薔薇」はデミタスのカップ&ソーサーが17,600フォリント(約7,000円) 「ウィーンの薔薇」はデミタスのカップ&ソーサーが17,600フォリント(約7,000円)

ブダペストには市内の3カ所に直営店がある。オペラ座近くのアンドラーシ通り16番に、王宮の丘では三位一体柱近くのセントハーロムサーク通り5番に、そしてもう一つはエルジェーベト広場近くのヨージェフ・ナードル広場10番の角店だ。ヘレンドの本店は、バラトン湖の北側にあるヴェスプレーム県のヘレンドという村にある。ここに工場があり、1826年の創業以来ずっと本社と工場、本店の場所は変わっていない。ヘレンド村の本店まで行けば少し安く買えるのでは、と思うと全くそうではない。価格は本店もブダペストの支店も、ハンガリー各都市の支店も全て同じだ。それ故に、直営店ならどこでも同じ品質、同じ価格で買い求めることができる。日本で買うと倍に近い値段になってしまうので、ハンガリーに行く機会があれば是非、思い出の一品として1つでも買っておきたい。

王宮の丘に小さなショップが、アンドラーシ通りには大きな店が

ヨージェフ・ナードル広場の店内で前面に並んでいるのは「ヴィクトリアブーケ」 ヨージェフ・ナードル広場の店内で前面に並んでいるのは「ヴィクトリアブーケ」

王宮の丘のショップはマーチャーシュ教会から三位一体柱を経て垂直に伸びる道のすぐ右側、有名なルスヴルムというカフェの手前にある。小さな店構えだが中に入ると溢れんばかりのヘレンド磁器が置かれている。ぶつかりそうで身動きするのも怖いくらいだ。売れ筋だけを置いているので店は狭くてもお客さんの入りは良く、よく売れている。アンドラーシ通りではオペラ座の直ぐ近くに店を構えており、この通りに軒を並べるブランド店と同等に高級店の仲間入りをしている。店内は広く、殆どガラスケースに入っているので間違って割ってしまう心配はない。ゆったり並んだシリーズを一つ一つじっくり鑑賞できる。スタッフに頼めばすぐにガラスケースから出してくれる。

新しくなったヨージェフ・ナードル広場のヘレンドショップ

「ウィーンの薔薇」シリーズのティーセット 「ウィーンの薔薇」シリーズのティーセット

もう一軒、ヨージェフ・ナードル広場の店はエルジェーベト広場のドナウ川寄りにあり、この広場を観光客がフラッと通ることはないため、3軒の店の中で一番空いている。以前は広場の11番にあったが、1年前に隣の建物を買って拡張したのでブダペストで一番広い。ほとんど全てのシリーズを備えている。日本人観光客に最も人気があるのは白地に1輪の薔薇が咲く「ウィーンの薔薇」シリーズだ。白地に緑色の花が描かれた「アポニー」も人気がある。売れ筋商品の価格はティーカップ&ソーサー1客で絵柄やサイズによって7,000〜17,000円ほど。同じクオリティでドイツの銘窯マイセンだと250〜350ユーロはする。ヘレンドは日本で買うと2倍に近い値段になってしまうので、ハンガリーに行く機会があれば是非買い求めておきたい。

※1ユーロ=約120円。2019年11月時点。

ブダペストのヘレンド直営店

新しくなったヨージェフ・ナードル広場のヘレンド店 新しくなったヨージェフ・ナードル広場のヘレンド店

ヨージェフ・ナードル広場店
住所:Jozsef Nador ter 10
電話:(1)2024-1573-6
開店時間:10:00~18:00, 土曜日は14:00まで
休日:日曜、祭日

アンドラーシ通り店
住所:Andrassy ut 16
電話:(1)374-0006
開店時間:10:00~18:00, 土曜日は14:00まで
休日:日曜、祭日

王宮の丘店
住所:Szentharomsag u. 5
電話:(1)225-1051
開店時間:10:00~18:00, 土曜日は14:00まで
休日:日曜、祭日

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/12/21)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索