ブダペストのシンボル、くさり橋

ブダペスト市内を流れるドナウ河。くさり橋は、ここにかかる巨大なつり橋です。19世紀の建設当時から、ブダペストのシンボルとして、市民だけでなく、ブダペストを訪れる旅行者にも愛されてきました。今の姿は、第二次大戦中に破壊され、戦後再建されたものです。ですが、ずいぶん古くなり、大規模な改修工事が必要になってきました。くさり橋は観光スポットでもあるのですが、市民の道としても使っていますので危ないままにしておくわけにはいきません。

くさり橋は、ブダペストのブダ側とペスト側をつなぐ橋 くさり橋は、ブダペストのブダ側とペスト側をつなぐ橋

2018年の夏に改修工事が始まる予定です

2018年4月現在、くさり橋の改修工事は2018年の夏に着工予定です。まだ、具体的な着工の日付は決まっていません。もしかしたら、スケジュール自体が変更になる可能性もなきにしもあらず。工期は920日との試算がでていますが、こちらも変更になることも。ハンガリー旅行にでかける前に、工事の着工具合を確かめることをオススメします。ハンガリー政府観光局では、フェイスブックのページを持っており、様々な情報をアップしています。くさり橋の改修工事の具体的な日程が決定したら、こちらに情報が載りますので、あらかじめフォローしておきましょう。

●ハンガリー政府観光局のフェイスブックページ、ハンガリー旅倶楽部
https://www.facebook.com/HungaryTravelClubJP/

観光船は、くさり橋の下を通過します 観光船は、くさり橋の下を通過します

ブダペストの観光には支障はありません

くさり橋の改修工事中は、足場が組まれたりと景観を損ねることは仕方がありません。ですが、それ以外は通常通り。ブダペスト名物のドナウ河クルーズも通常運行です。また、ブダペスト市内には、くさり橋以外にも橋が架かっていますので、ブダ側とペスト側の行き来にも問題はありません。安心して、ブダペストの観光を楽しんでくださいね! ですが、出発前に、ハンガリー政府観光局のフェイスブックページのチェックは忘れずに!