ドナウの真珠、ブダペスト

ハンガリーの首都はブダペスト。ブダ地区とペスト地区をあわせて、ブダペストという都市名です。ブダは動物のブタとは関係はありません。「王宮」いう意味です。また、ペストも病気のペストとは関係はなく「かまど」という意味あいがあり、転じて庶民の町といったところでしょうか。そんなブダペストのニックネームは、ドナウの真珠です。ドナウ川沿いの真珠のように美しい町ということなのですが、昼間はたくさん車が通り、排気ガスのせいもありますから、名前負けしているのでは、と思われるかもしれません。ですが、ブダペストが綺麗なのは、日が暮れてからなのです。その夜景は、真珠というよりも、サファイヤやルビーなど色とりどりの宝石が入った箱のようです。

ブタに真珠? ブダペストはドナウの真珠。その訳は夜景 ブタに真珠? ブダペストはドナウの真珠。その訳は夜景

ツィタデラ要塞から見下ろす

ブダペストの街並みが一望できるのは、ツィタデラの要塞です。ゲレルトの丘のてっぺんにあります。昼間は、トラムやバスを乗りついで行ってもいいですが、日が暮れてからは治安の問題があるので、車をチャーターして行ったほうがいいでしょう。ここからの見晴らしはよく、ブダ地区とペスト地区と、両方の夜景が楽しめます。

オススメは、ナイトクルーズ

ツィタデラの要塞からの眺めも格別ですが、オススメはドナウ川の夜のクルーズです。1時間程度で、国会議事堂やくさり橋、王宮などの見どころ付近を回る観光船が1年を通じて毎日出ています。(川が凍ったときと増水のときは、運休になります) 旅行会社や宿泊ホテルで予約をとってくれます。ただし、サマータイムの時期は気を付けてください。夜8時くらいでも、まだ明るいことがあります。あらかじめ、何時くらいに暗くなるか調べておいてから、乗るといいでしょう。イヤホンガイドを備え付けている船がほとんどですので、日本語で景色の説明を聴くことができますし、ドリンクもついています。ビールなど飲みながら、ドナウの真珠を眺めてはいかがでしょうか。特にカップルにオススメです。