ブダペストの胃袋を支える市場

ハンガリー、ブダペストの中央市場は、屋根つきの立派な建物。地上二階、地下もある巨大な施設です。ちなみに、地下にはスーパーマーケットが入っています。市場とスーパーが共存していて、買い物はここ一か所でOK!という、なんとも便利なところなのです。もちろん地元のブダペストっ子もやってきますが、いまや観光名所でもあるので、各国の旅行者も、たくさん訪れて中央市場はいつもにぎやかです。

ショッピングだけでなく、食事も楽しいブダペストの中央市場 ショッピングだけでなく、食事も楽しいブダペストの中央市場

フォアグラの缶詰にパプリカパウダーがおすすめ!

中央市場の一階部分には、野菜や肉を売っている屋台がズラリと並びます。食料品にまじって、お土産の屋台もあります。お土産のおすすめは、フォアグラの缶詰とパプリカパウダー。パプリカパウダーは、可愛いハンガリー風の袋に入ってます。ハンガリーでは、グヤーシュというスープを作るときに使われますが、日本ではグラタンに振りかけたり、肉料理に混ぜ込んだりするといいでしょう。なお、各屋台は、同じ商品でも値段が違うので、要確認です。私も、一応は値段のチェックはするのですが、行きつけの屋台があり、中央市場に行くと、真っ先にそこに向かいます。店主のおばさまは、フォアグラの缶詰に新しいメーカーのものがでて、従来のものより安いけれど味は確かだよ、と教えてくれたりするのです。私のハンガリー土産は、たいてい、ここで調達します。

ハンガリーのB級グルメ

中央市場の二階部分は食堂です。レストランというよりも、食堂といったほうがしっくりきます。何軒かありますが、セルフサービスのお店は、指さしオーダーができますので、ことばの問題がなく、地元の美味しいものが食べられます。ぜいたくなメニューはありません。もちろん、お財布にうれしいプライスです。ただし、量がとても多いので、ご注意。私は食べきれず、半分テイクアウト用の箱に入れてもらったことがあります。温かく美味しいうちに食べきれる分量を注文するといいと思います。できたら、何人かでシェアをするといいでしょうね。