ハンガリーの魅力、フォークロアな雑貨

ハンガリーの魅力といえば、『ドナウの真珠』と謳われるブダペストの美しさ、温泉、ワイン、それからハンガリーの伝統料理などが挙げられるでしょうか。もうひとつ、フォークロア色の強い伝統的な手工芸品の数々も忘れてはいけません。ブダペストでお土産を買うとなると、誰もが一度は中央市場に足を運ぶと思いますが、ずらりと並んだ木彫りの小物や刺繍のほとんどが、いまだに手作業で仕上げられたものです。ちょっとしたばらまき用に買えてしまうお値打ちの雑貨でも、人の手が加えられ、ハンガリーらしさ溢れるものばかりなのがうれしいのです。

どんな土産物もこだわりのハンドメイド。ハンガリーは手工芸品と雑貨のお買い物天国です どんな土産物もこだわりのハンドメイド。ハンガリーは手工芸品と雑貨のお買い物天国です

20年経っても変わらない手仕事の国

私も先日、20年ぶりにブダペストを訪れ、もちろんお土産を探しに中央市場に行きました。中央市場の2階にはびっしりと土産物屋が軒を連ね、その多くが、トールペイントの施された木彫りの小物や刺繍など似たようなものを扱っています。売られているものが20年前とあまり変わっていないことにまず驚きました。もちろん小物のデザインは今風にあか抜けて洒落たものもあります。でも、いかにも中国の工場で大量生産されたような、画一的なものは見かけませんでした。必ずどこかに‘手仕事’の跡がうかがえるのです。

じっくり探そう 自分だけの一品

ハンガリーはトールペイントが盛んで、ペッパーミルや砂糖入れなどのキッチンウェアには、ハンガリーを代表する手工芸であるマチョー刺繍のモチーフの花の絵が描かれています。典型的な土産物といえど、筆跡が残るたっぷりとしたストロークで、ひとつひとつ丁寧に手で描かれた花の絵は、当然ながら同じものはありません。色の組み合わせや絵の出来を見て、散々迷ってようやく見つけた自分のお気に入りなら、大事に使うこと必至ですよね。刺繍の小物も、ワンポイントの刺繍が施されたポーチやクロスには機械の刺繍もありましたが、ほとんどのものが手刺繍でした。

ハンガリーと言えば刺繍でしょ!!

刺繍好きなら、日本人に人気のカロチャ刺繍や、2012年にユネスコの無形文化遺産に登録されたマチョー刺繍、ルーマニアのカロタセグ地方に残るハンガリー民族の伝統刺繍イーラーショシュなど、素晴らしい手仕事を見ることができます。フランスやベルギーの繊細でエレガントな刺繍もいいですが、私はハンガリーの素朴で暖かい色使いと大胆な絵柄が大好き。こちらもコースターくらいの小さな物からあり、その手間を考えるとかなりお値打ちに手に入れることができます。フォークロア雑貨が好きな人には天国のようなハンガリー。みなさんも是非あなただけの‘本物’の一品を見つけてください。