page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ハンガリーグルメガイド

ハンガリーのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示
 

ハンガリー料理は香辛料のパプリカを使ったものが多い。煮込み料理だけでなく、サラダに使われていることもある。味もピリッと辛いものから甘酸っぱいものまで様々で、レストランでもテーブルに塩と一緒にパプリカが置いてあることが多い。スープの種類が豊富なことも特徴。中でも代表的な郷土料理は、グヤーシュと呼ばれる牛肉と野菜のシチューのようなスープ。パプリカをたっぷり使っているので色鮮やかで食欲をそそる。他にもパプリカーシュ・チルケというチキンの煮込み料理も、家庭の食事でもよく食べられる定番料理。どれも味わい深く、グルメも満足できる。(2015年編集部調べ)


ハンガリーの食事のマナー

他の中欧諸国と同じく、一般的なテーブルマナーを守っていれば特に問題はないだろう。基本的なことだが、お店に入る時には挨拶を忘れず、スープや飲み物はすすったり音を立てたりせずに飲むこと。食事中は大声で話したりすることは避けたい。支払いの際は、声をあげてウェイターを呼んだりはせず、手を上げたりアイコンタクトで合図を送ると良いだろう。ハンガリー独自の習慣で、メインディッシュの付け合わせは別料金で選べるようになっている場合が多い。


現地ガイド発!ハンガリーのグルメ・料理最新情報

2019/11/23 グルメ

美食の達人「21マジャル・ヴェンデーグレー」

ハンガリー旅行イメージ-21マジャル・ヴェンデーグレーの壁が開放されたスペース 21マジャル・ヴェンデーグレーの壁が開放されたスペース

近年のハンガリー料理には驚くものがある。まず、控えめのボリューム、薄味、見た目の美しさだ。ベルリンの壁崩壊後、観光客が行きやすかった東欧の一番人気がハンガリー。食事は美味しかったけれど量の多さには閉口したものだ。90年代のブダペストで、観光客は社会主義時代から続く老舗レストランへ行った。定番のハンガリー料理のみだったが、ロマ民族バンドのメランコリーな演奏が旅情を誘った。2000年代になると、新しいレストランが続々と出現し、生演奏はポップミュージック、料理もインターナショナルなものを出すようになる。2010年以降は老舗レストランの料理がボリュームを控えて薄味になっていく。そしてまもなく2020年…続きを見る



ハンガリーのグルメスポット


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ハンガリーグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるハンガリーの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
ハンガリーのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!