ホッローケー旅行・ホッローケー観光徹底ガイド

ホッローケー旅行・ホッローケー観光徹底ガイド

ホッローケー旅行・観光の見どころ・観光情報

ブダペストから100Km北東に位置する、古き良き伝統を今に受け継ぐ村落ホッローケー。伝統的なパローツ様式の集落56棟が、良好な状態で保存されている小さな村だ。そして世界遺産に登録された今でも、古民家には人々が生活している。村全体が名所といっても過言ではない。中心に建つ木造教会、メイン通りと裏手の道に並ぶ様々な民俗資料館、工芸品を扱う土産物屋など、立ち寄りたくなる古民家が並び散策も楽しい。村山の頂上には、モンゴル帝国の侵略に備えて建てられたホッローケー城があり、そこからの眺望がおすすめだ。(2016年9月編集部調べ)

言語 通貨 レート(2017/02/27現在) フライト時間 現地との時差
ハンガリー語 HUF 1 HUF = 0.3858 JPY 約14時間 約7時間

ホッローケーの人気問合せ情報

ホッローケーの最安値カレンダー

ホッローケーへ行くツアーを見る

ホッローケー旅行・観光の選び方

田舎の村にスポットを当てた、東欧の他都市との周遊型がおすすめ

東欧や中欧の複数の都市を巡るツアーに、ホッローケーへ立ち寄るものがある。ツアー期間は、ハンガリーの国内周遊なら7日間から、周辺国チェコやスロバキアなどの田舎の村を巡るものなら11日間くらいまである。各国の名物料理が食べられるから、他国との周遊はグルメにもうれしい。コースにホッローケーが入っていなくても、首都ブダペストからバスで2時間の距離なので、フリータイムのオプショナルツアーを利用して日帰り旅行も可能だ。ホッローケー村の土産なら、この地域伝統のパローツ刺繍が施された雑貨がおすすめ。(2016年9月編集部調べ)


ホッローケーのグルメ・伝統料理

ホッローケーには、かつてカスピ海近くに住んでいてハンガリーへ流れてきたとされるクマン民族が住んでいる。彼らの文化はパローツと呼ばれ、伝統料理にも表れている。パローツ料理はハンガリー料理と同じくパプリカをふんだんに使っており、味に大きな違いはないが素材ではシカ肉を使ったり、と山間の村ならではの郷土料理がある。レストランではもちろん定番のハンガリー料理も食べることができる。ハンガリーはグルメの国として知られ、上質なフォアグラ料理が有名だが、地方の素朴な食事も日本人の口に合う。 (2015年編集部調べ)

ホッローケーのショッピング情報

ホッローケーは30分もあれば一回りできるような小さな村だが、世界遺産だけあって観光客が多く、土産物はいろいろある。この地方で焼かれている特産の陶器は独特の絵柄で味がある。パローツ独特の、トウモロコシの皮で作る人形も名産品のひとつ。手作りの木工細工も種類が豊富。人気があるのはパローツ伝統の刺繍が施されたテーブルセンターや布バック、小物入れなどで、お土産には事欠かない。しかし急に買い物がしたくなっても両替が出来る銀行やATMがないので、ブダペストなどで事前に両替しておこう。  (2015年編集部調べ)

ホッローケーの気温・降水量ベストシーズン情報

安定しているのは6月から8月の夏場。5月と9月は天気が良ければ夏のような気候。ハンガリーは盆地なので冬の寒さは厳しく、3〜4月頃はまだ寒い日が多い。最近は異常気象で暖かい春もあるが、服装には十分注意が必要で寒さ対策を忘れずに。 (2015年編集部調べ)

ホッローケーの人気ツアー

ホッローケー旅行・ホッローケー観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook