page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハンガリー・ショプロン・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ショプロンで味わうマンガリッツアステーキとワイン


掲載日:2013/08/13 テーマ:グルメ 行き先: ハンガリー / ショプロン

タグ: レストラン ワイン 肉料理


ブタペストからよりもウィーンから行きやすいショプロン

突き出し看板でレストランと一目で判る 突き出し看板でレストランと一目で判る

ブダペストへ行ったことはあるけれど、ほかのハンガリーの町は知らない、という人が多いのでは。オーストリアとの国境の町ショプロンならウィーンから僅か1時間少々で、ブダペストから行くより近い。日帰りも可能なのでウィーンへ行った時に是非訪れてみよう。もし、それが初めてのハンガリー旅行なら、きっと一度でハンガリー好きになってしまうであろう。ゆったりと流れる時間、のんびりした人々の対応、爽やかな空気の流れ。そして旅人を虜にするのは美味しいハンガリー料理と豊富なワインだ。ウィーンの西駅からブダペストへ向かう急行はショプロンを通らない。ショプロンへはウィーンのマイドリング駅から乗る。

地元で評判のレストラン・エアハルト

品の良い落ち着いたレストラン内部 品の良い落ち着いたレストラン内部

オーストリア=ハンガリー二重帝国時代、ショプロンはむしろオーストリア的な町だった。第一次世界大戦の敗戦により二重帝国が崩壊した時、オーストリアに帰属するかハンガリーに帰属するか、市民の投票にゆだねられた。市民はハンガリーを選んだが、町並みは今でもオーストリアの小都市によく似ている。とびきり美味しいレストランがあるというので探してみると、旧市街を取り巻く市壁の外にあった。レストランの名は「エアハルト」。経営者の苗字だがドイツ語的な名前だ。通りの入り口をくぐると、広い中庭に出た。季節の良い時は室内よりも中庭席の方が人気あるようで、中庭は満席なのに屋内には誰もいない。

ワインのストックは常に200本

風船を飛ばす新婚カップル 風船を飛ばす新婚カップル

夕方だったが結婚披露宴が開かれていた。新郎と新婦が丁度、ハートがたくさん描かれた白と赤の風船を空に飛ばしているところだった。居合わせた他のテーブル客からも拍手が湧く。和やかな雰囲気だ。この建物はかつてショプロンで豆を栽培して成功した人が建てた館だった。1990年代に買い取られてレストランになる。1階にエレガントな部屋があり、地下はカジュアルなワイン居酒屋となっている。ワインは約20種類、常に200本ほど貯蔵庫に保管されている。ショプロンはワインの産地として有名で、近くにある世界遺産のフェルテー湖の周りがショプロンワインの産地になっている。

ハンガリーが誇るマンガリッツァ豚

付け合わせの野菜もおいしいマンガリッツアステーキ 付け合わせの野菜もおいしいマンガリッツアステーキ

レストランのお薦め料理はマンガリッツァステーキ。これはマンガリッツァという特別な豚のステーキだ。ハンガリーの国宝とも言われるブダで、写真を見ると毛もくじゃらで肉は堅そうだが、実はとても柔らかい。そして驚くほど美味しいのだ。マンガリッツァには赤ワインが合うとのこと。お薦めの赤ワインはショプロン産で深みのある味だった。グラスの半分以下という少ない量だが500フォリント(1フォリント約0.5円)という信じがたい値段。マンガリッツァステーキは2980フォリントで、この質でこの値段とは感激だ。ハンガリー旅行の醍醐味は、このように美味しい料理とワインを破格の値段で存分に味わえること。この国はグルメを虜にする。

データ

石壁が剥き出したままの地下室 石壁が剥き出したままの地下室

レストラン・エアハルト
Restaurant Erhardt
住所:Balfi utca 10, 9400 Sopron
電話: 003699/506-711
info@erhardtpanzio.hu
開:11:30〜23:00(日曜〜22:00)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2013/08/13)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索