page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハンガリー・ショプロン・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

“イルマ伯母さんの自慢料理” ショプロンで評判のグルメレストラン


掲載日:2015/04/19 テーマ:グルメ 行き先: ハンガリー / ショプロン

タグ: かわいい グルメ レストラン 一度は行きたい


店のオーナー思い出の料理

イルマ伯母さんの自慢料理“と名付けられたチキンのホウレン草詰め イルマ伯母さんの自慢料理“と名付けられたチキンのホウレン草詰め

イルマ伯母さんは大きな農場を持っていた。そこではアヒルや鶏、ガチョウなどがたくさん飼育されていた。わたしたち家族が伯母さんの家を訪ねると、いつも美味しい料理でもてなしてくれた。庭で育てた新鮮な野菜、フォアグラのソテーやアヒルの丸焼きなどがテーブルに並んだ。イルマ伯母さんの得意料理は鶏肉のホウレン草詰め。ベーコンとホウレン草を鶏の胸肉に詰めてオーブンで焼いたものだ。これにたっぷりクリームソースが掛っていた。カリカリした小さなパンの中ではチーズが溶けて最高…。こんなストーリーがメニューに書かれている。レストランのオーナーは伯母が作ってくれた思い出の料理を、自分の店イェージヴェレム・フォガドーで再現した。

ウィーンからの日帰りも可能なショプロン

 ドイツ語の表示もあるレストラン入り口  ドイツ語の表示もあるレストラン入り口

ここはハンガリーの西端にあるショプロン。オーストリアとの国境に位置しているためブダペストよりもウィーンからの方がずっと近い。19世紀以来、ショプロンはハプスブルク家寄りの町だった。ところが第一次世界大戦でオーストリア=ハンガリー二重帝国が終焉し、どちらの国へ帰属するか迫られた時、ショプロンは市民投票でハンガリーを選んだ。そんな歴史的経緯があるため、ショプロン市民はハンガリーを大変誇りにしている。それでも町の雰囲気はオーストリア的で、ホテルやレストランなどではドイツ語が良く通じる。オーストリアとの境に広がるショプロン郊外のフェルテー湖は、その文化的景観がオーストリアと共同で世界遺産に登録されている。

フェルテー湖から切り出した氷の貯蔵場所だった

 赤いチェックが可愛らしいインテリア  赤いチェックが可愛らしいインテリア

ショプロンの旧市街は楕円形を描いて南北に長い。町を取り巻いていた市壁はほとんど取り払われているが、所々に名残を見ることができる。北東の端から旧市街を出てイクヴァヒード通りIkvahid u.まで来ると、もう静かな住宅街だ。そのままイェージヴェレム通りJegverem u.まで来たら左へ曲がろう。前方右手に見えるのが目指すレストランのイェージヴェレム・フォガドーだ。散歩をしていて偶然出会う場所ではなく、知らなければまず来ることがない。イェージヴェレムとは、氷のjeg穴veremという意味で、ここはかつて氷の保管場所だった。ショプロンでは1749年から氷が売られていた。冬にフェルテー湖の氷が町まで運ばれ、ここの地下室に保管された。その後、氷は工場生産されるようになって地下倉庫は閉鎖。建物は肉問屋など様々な用途に使われていった。

“氷の穴”が素敵なレストランに生まれ変わる

 夕方の早い時間は空いている中庭席  夕方の早い時間は空いている中庭席

1999年、ここにレストランが誕生する。氷貯蔵庫だった歴史を残して名をイェージヴェレムとした。フォガドーとは宿屋も兼ねるレストランのことで上階にはツインの部屋が4部屋ある。建物は外観も内部も平凡だが、料理が美味しいと地元で評判。夕方からは急に混んでくる。中庭がレンガの壁で囲まれているので落ち着く。夏場は昼も夜も中庭席が人気だ。“イルマ伯母さんの自慢料理”を頼んでみた。ホウレン草とベーコンを詰めたチキンは薄味に仕上げてあり、これにクリームソースをたっぷり付けて食べる。このソースが抜群にいい味だ。ハンガリーは本当に料理がおいしい。定番のハンガリー料理も良いが、こうしたちょっと田舎風の一品も素晴らしい。ハンガリーでは地方都市へ行っても思いっきり食べ歩こう。

データ

 イェージヴェレム通りにある淡いピンクの建物なのですぐ判る  イェージヴェレム通りにある淡いピンクの建物なのですぐ判る

イェージヴェレム・フォガドー
Jegverem Fogado
住所:Jegverem u. 1.  H-9400 Sopron
電話:(+36) 99/510-113
営業時間:月曜から木曜は11:00〜22:00
     金曜と土曜は 11:00〜24:00、 日曜は11:00〜22:00
予算:食事は1500〜4000フォリント ( 1フォリントは約0.5円 )
   グラスワインは300フォリント〜、ビールは0.33リットルが410フォリント〜
ショプロンまでの交通:
ウィーンから直通で1時間20分、ブダペストから直通で2時間40分
 旧市街のマルクト広場からレストランまでは徒歩10分ほど

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/04/19)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索