page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ブルーラグーン旅行・ブルーラグーン観光徹底ガイド

ブルーラグーン旅行・観光の見どころ・観光情報

ミルキーブルーの水面が美しい、世界最大級の露天温泉ブルーラグーン。ここは世界中から観光客が訪れる、アイスランド随一の人気スポットだ。活火山の多いアイスランドで大きな割合を占める地熱発電。そのために汲み上げられた温泉が再利用されており、豊富な湯量を誇る。湯はミネラルを豊富に含み、皮膚疾患などの回復のために訪れる人も多い。施設内にはレストランや売店も揃い、温泉に浸かりながらビールやワインも楽しめる。肌がすべすべになる、無料のシリカ泥パック・サービスも好評だ。レイキャビクと空港の間にあるため、旅の最終日に観光の疲れを癒すのにもおすすめの場所だ。(2016年9月編集部調べ)

ブルーラグーンへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2020/10/13現在) フライト時間 現地との時差
アイスランド語 ISK 1 ISK = 0.76331 約15時間 約-9時間

ブルーラグーンの人気問合せ情報

ブルーラグーンの最安値カレンダー

ブルーラグーン旅行・観光の選び方

ミルキーブルーの超巨大な露天温泉で極楽気分! 冬はオーロラが見えるかも!

期間の短いツアーは、レイキャビクに3泊する5日間のフリープランから。ブルーラグーンへはオプショナルツアーを利用するか、公共バスを使って個人で行くことになる。期間8日間前後の観光付きのツアーの多くは、郊外のゴールデンサークル終日観光(世界遺産のシングヴェトリル国立公園を含む)とブルーラグーン入場が含まれている。溶岩地帯が広がるブルーラグーン周辺はオーロラの観測スポットとしても有名で、冬のシーズン中はオーロラ観測ツアーが人気。観測に適したブルーラグーン近くのホテルに滞在するものもある。ブルーラグーン滞在を満喫するなら、併設のクリニックに宿泊するツアーを選ぼう。(2016年9月編集部調べ)


ブルーラグーンのグルメ・伝統料理

ツアーの拠点となる首都レイキャビクは、北欧の中でも有数のグルメの町だ。レストランの料理は洗練されていて盛りつけも美しく、味も良い。海産物が豊富で、なかでも手長エビ(現地ではロブスターと呼ばれる)は有名だ。また、豊かな土地で育てられたラム肉も絶品。珍しい郷土料理にはクジラ料理や国鳥パフィンの料理がある。ブルーラグーンでは、施設内の気軽に食事ができるセルフサービス形式のカフェテリアか、本格的なアイスランド料理が食べられるレストランで食事ができる。(2015年編集部調べ)

ブルーラグーンのショッピング情報

ブルーラグーンにはショップが併設されており、スキンケア製品の他にバスソルトやシャンプー、ソープといったスパ用品、アクセサリーや土産物が販売されている。レイキャビクでのショッピングなら、ロイガヴェーグル通りからバンカストライティ通りにかけてがメインのショッピングエリア。一般的な土産物屋のほか、アイスランドのアウトドアブランド「66゜NORTH」の路面店や、ウール製品の店、北欧デザインのセレクトショップや雑貨店が並び、観光客でにぎわっている。(2015年編集部調べ)

ブルーラグーンの気温・降水量ベストシーズン情報

オーロラ観賞の時期は9月〜3月。観賞は極寒の天気のもととなるので服装は防寒対策をしっかりと。厚手の帽子や手袋、マフラーも必携だ。またブルーラグーンは水着着用となるので水着を忘れないようにしよう。(2015年編集部調べ)

現地ガイド発!ブルーラグーンの観光最新情報

  • ブルーラグーンのオススメツアー

    ブルーラグーン旅行・ブルーラグーン観光徹底ガイド

    ご希望にあうツアーがございませんでした。
    申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

    戻る


    ソーシャルメディアアカウント

    • twitter

    • facebook