page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ブルーラグーングルメガイド

ブルーラグーンのグルメ・伝統料理

ツアーの拠点となる首都レイキャビクは、北欧の中でも有数のグルメの町だ。レストランの料理は洗練されていて盛りつけも美しく、味も良い。海産物が豊富で、なかでも手長エビ(現地ではロブスターと呼ばれる)は有名だ。また、豊かな土地で育てられたラム肉も絶品。珍しい郷土料理にはクジラ料理や国鳥パフィンの料理がある。ブルーラグーンでは、施設内の気軽に食事ができるセルフサービス形式のカフェテリアか、本格的なアイスランド料理が食べられるレストランで食事ができる。(2015年編集部調べ)


ブルーラグーンのレストラン・屋台

ブルーラグーンのレストランでは、ラムやタラ、サーモンなどアイスランドの豊かな食材を使った本格的な料理が食べられる。ランチはコース料理で約5000〜6000円、ディナーはアラカルトのメインが約6000円から。2014年のコンクールで北欧の最優秀シェフに選ばれたシェフのおすすめコース(約8000円)は是非試してみたい。窓側のブルーラグーンを見渡せる席を事前に予約しておくといいだろう。カフェテリアにはサンドイッチや寿司、サラダなどの軽食が用意されている。

ブルーラグーンの水・お酒

アイスランドの水は湧き水を原水とする世界でも有数の美味しさ。水道水がおいしく安心して飲めるため、ホテルのミニバーにミネラルウォーターは入っていない。よく飲まれるお酒はビール。レイキャビクはコーヒー文化が発達しており、コーヒーも美味しい。ブルーラグーンでは露天温泉にドリンクバーが併設されていて、お湯につかったままビールやカクテルを楽しむことができる。その場での支払いは不要で、リストバンドでチェックして最後に出口で精算する。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ブルーラグーングルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるブルーラグーンの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
ブルーラグーンのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!