人気のクラフトビールを生産するボルグ・ブルワリー

アイスランドのクラフトビール、前編からの続きです。スクーリ・クラフツバーは、アイスランドのクラフトビールの中でもメジャーな「ボルグ」というブルワリーのビールを多く揃えています。ボルグで最も有名なビールは、2013年にワールド・ビア・アワードのヨーロッパ・ブロンズを獲得している「ブリオ Brio」というビールです。一般的なピルスナー・スタイルで、多少独特の酸味がある以外はくせのないすっきりした味わいのビールです。同じボルグでは「レイブル Leifur」と「Myrkvi ミルクヴィ」も飲みました。レイブルは、ベルギー発祥のセゾンというスタイルの苦味の強いタイプのビールですが、むしろハーブのような香ばしさが強く、調べてみたら原料にタイムを使っているようでした。ミルクヴィはキャラメルのような風味のあるポーター(黒ビール)で、原料にコーヒー豆を使っているようです。どちらもクラフトビールらしい個性的な味わいを楽しむことができおすすめです。

ギャイジングル・ブルワリーのスタウト ギャイジングル・ブルワリーのスタウト

グリーンランド産のビールも飲めるミクロ・バー

もう1店舗ご紹介しておきたいと思います。スクーリ・クラフツバーから徒歩3分ほどと、すぐ近くにある「ミクロ・バー Micro Bar」です。地下にあるこちらのバーは非常にシンプルな内装で、気取らずにビールを楽しむことができると思います。こちらにもランキング形式のメニュー表があるほか、小グラス5種類で2800クローナ(約2800円)というセットメニューも用意しています。スクーリ・クラフツバーと同じようにビールのスタイルを見てテイスティングし、注文するといいでしょう。こちらでは、このバーのオーナーが経営している「ギャイジングル」というブルワリーのビールを中心に、外国産ビールや瓶ビールも揃えています。中にはなんとグリーンランド産のアルトビールも置いてありました。

レイキャビクのバーはハッピーアワーを狙おう

今回ご紹介したバーに限りませんが、レイキャビクでバーに行くときはハッピーアワーを狙うと、物価の高いアイスランドでもお得に飲むことがます。例えばスクーリ・クラフツバーでは14〜19時、ミクロ・バーでは17時〜19時がハッピーアワーとなっていますが、どの時間帯か、そしてハッピーアワー中にどれだけ割引になるかは店によってまちまちなのでご注意ください。スクーリ・クラフツバーではほとんどのビールが700クローナ(約700円)、ミクロ・バーは1種類のビールだけ700クローナに割引でした。ハッピーアワーの時間差を狙ってはしごするのもいいかもしれませんね!