羊肉ベースのソーセージを使ったホットドッグ

物価の高いアイスランドであっても気軽に食べられるB級グルメ、それがアイスランド風にアレンジされたホットドッグ「ピルサ」です。たいていのピルサ屋さんでは、400クローナ台で購入することができます。見た目は普通のホットドッグとほとんど変わりありませんが、ソーセージは羊肉ベースに豚肉や牛肉を混ぜたものが使われており、ケチャップ、スイートマスタード、レムラードといった3種類のソースのほか、みじん切りの生オニオンとフライドオニオンといった凝ったトッピングがされています。苦手なものがあれば抜くこともできますが、ぜひ“全部のせ”を意味する「エイナ・メズ・オットゥル」と注文してみてください! 油っぽさはなく全体的に甘めの味付けなので、食事というよりおやつ感覚で楽しめると思います。

ソーセージの下に細切りポテトチップスをトッピングしたピルサ ソーセージの下に細切りポテトチップスをトッピングしたピルサ

クリントン元米大統領が訪れた有名ピルサ屋さん

アイスランドの首都レイキャビクで圧倒的な人気を誇るピルサ屋さんが、「宇宙一おいしい」という宣伝文句と、クリントン元米大統領やギタリストのジェイムズ・ヘットフィールドが訪れたということで話題の「バエヤリンス・ベストゥ Baejarins best」です。海岸沿いの道路を1本市街地側に入ったところにあり、店の前にはいつも行列ができているので見つけやすいと思います。このお店のメニューは、ピルサ1種類とドリンクのみという徹底ぶり。もちもちした柔らかいパンとぷりっとしたソーセージがとても美味しく、レイキャビクでどこか1店舗だけ行くということであれば、迷わずここをおすすめします。

純正ピルサ以外のメニューもあるお店

ピルサは手軽に食べられるので、気に入った方は他の店でも食べてみたくなると思います。実際に私も、ほどよい食感とほのかな甘みが忘れられず滞在中何度も食べてしまいました。バエヤリンス・ベストゥ以外でおすすめしたいお店が、そこからすぐ近くにある「Pylsuhusid」と、大温水プールのロイガルダルスロイグのバス停前にある「Pylsuvagninn Laugardal」です。Pylsuhusidは、アイスランド風のピルサ以外にも、フレンチ・ドッグやチリドッグも売っています。Pylsuvagninn Laugardalはトッピングメニューが豊富で、ベーコンや細切りポテトチップスなどを乗せることができます。使っているパンやソーセージも各店舗で違いますので、ぜひ食べ比べてみてください!