小さな町ながら飲食店が多いキルケニー

ダブリンから高速バスまたは電車で1時間半のキルケニーは、歩いても十分に回りきれるくらいの小さな町です。しかし、キルケニー城と聖カニス大聖堂を結ぶパーラメント・ストリート(ハイ・ストリート)を中心にたくさんのレストランやパブがあり、どこに入ろうか選ぶのもなかなか大変です。ここでは、そんな中から厳選した、キルケニーに行ったらぜひ入ってほしいおすすめの飲食店を5つピックアップしました。

ペトロネラ・レストラン&カフェの外観 ペトロネラ・レストラン&カフェの外観

洞窟のような店構えのペトロネラ・レストラン&カフェ

歴史的な景観が魅力のキルケニーの中でも、特にその雰囲気が色濃く感じられるスポットに、セント・キアーズランド・ストリートとハイ・ストリートを結ぶバター・スリップ・レーンという小道があります。この雰囲気たっぷりの小道に、まるで石壁をくりぬいたようにしてあるのがペトロネラ・レストラン&カフェ(Petronella Restaurant & Cafe)です。店内も石壁を基調に造られており、まるで洞窟にできたレストランのような雰囲気にわくわくします。立派な店構えに少々気が引けてしまうかもしれませんが、コーヒーは3ユーロ以下、紅茶は2ユーロ以下、ランチなら10ユーロ前後となかなかにリーズナブルなのもうれしいところ。店内は2フロアありますが、上のフロアの方が装飾なども凝っているので、ぜひ上でたっぷり時間を使って食事しましょう

出来立てが美味しいブラー・ブラー・ブラー・サンドイッチ

キルケニー城の裏手、ノア川の遊歩道入口付近にひっそりと店を構えるブラー・ブラー・ブラー・サンドイッチ(Blaa Blaa Blaa Sandwiches)。空色一色に塗られた特徴的な外観が目印で、このお店のホットサンドは絶品です。メニューはさまざまありますが、肉、野菜、チーズ、ソースなどを自分で選び、それに従って定員さんが作ってくれます。このお店の目玉はなんといっても、看板にも使われている「ブラー(Blaa)」というパンです。ブラーは17世紀ごろからこの地で食されている、真っ白な生地の非常に柔らかい食感のパンです。パンは通常の食パンなどから選ぶこともできますが、せっかくならこのブラーがおすすめ! 私はメニューにあった「ブレックファストサンド」をこのブラーで食べましたが、柔らかいパンとプリっとした歯ごたえのソーセージの組み合わせが最高でした。店内には飲食スペースはなく、申し訳程度に外にテーブルとイスがあるだけですが、川沿いを歩きながら食べることも、すぐ近くのキルケニー城の広々とした庭園で食べることもできます。後半ではおすすめのパブ3つをご紹介します。