page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

鐘を鳴らすのはあなた! アイルランド第2の都市コークの、鐘を鳴らせる教会とは


掲載日:2018/12/11 テーマ:観光地・名所 行き先: アイルランド / コーク

タグ: おもしろい すごい! 音楽 教会 建築 絶景 珍しい 歴史


観光スポットの豊富なコーク

鐘を鳴らす仕掛けがあるフロア。8本のワイヤーを操る 鐘を鳴らす仕掛けがあるフロア。8本のワイヤーを操る

アイルランド南部マンスター地方コーク州の中心都市コークは、首都ダブリンに次ぐアイルランド第2の規模を誇る大都市です。近くには、タイタニック号が最後に寄港した町として知られるコーヴや、ジェイムソンやタラモア・デューといった世界的な銘柄のアイリッシュ・ウイスキーを製造する新ミドルトン蒸留所があるため、観光で立ち寄る方も少なくないでしょう。コークの町中にもイングリッシュ・マーケットや聖フィンバー大聖堂といった人気スポットがありますが、私がとくにおすすめしたいのは聖アン教会です。ここでは、ふつうの教会ではできない珍しい体験ができるのです。

250年以上の歴史を持つ教会と鐘

コークはリー川に囲まれた中州のエリアが町の中心地となっていますが、聖アン教会は川をわたった少し北側にあります。高い時計塔が目印で、遠くからでもすぐに見つけられるでしょう。17世紀末まではここにシャンドン城があったため、シャンドン教会とも呼ばれています。1690年、イングランド王ウィリアム3世の侵攻により城とともに教会も壊されてしまいますが、1722年に再建。そして1750年に設置された鐘が今も現役で活躍しており、なんと一般の入場者でも鳴らすことができるのです。教会部分は入場無料ですが、鐘のある塔にのぼるには5ユーロが必要となります。入場料を払って塔に入ると、しばらくは階段を上り続けることになります。ところどころ教会や鐘に関する案内板(英語)が設置されているので、読みならがゆっくり進むのもいいでしょう。頂上までは40メートル以上あります。

出せる音の数は? 楽譜もある

そしてその途中で、鐘を鳴らせる仕掛けのあるフロアに到着します。ワイヤーを手前にひっぱると鐘が鳴る仕掛けになっており、鐘の数は8つで1オクターブ(ドレミファソラシド)分、シャープやフラットは使えません。鐘に振られた番号で書かれた楽譜があるので、それに従って鳴らしてみるのもいいでしょうし、1オクターブ以内の知っているメロディーを鳴らしてもいいかもしれません。私はクリスマス・キャロルの「ファースト・ノエル」を弾いてみて、教会の鐘らしい荘厳な響きに感激でした。階段をさらに上っていけば、コーク市街を一望できる頂上に到着します。1度で2回分の楽しみが味わえる聖アン教会、コークを観光する際はぜひ行ってみてください!

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/12/11)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索