page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アイルランド・ダブリン・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

アイルランドの真髄を体験できる:ギネス・ストアハウス


掲載日:2013/02/04 テーマ:観光地・名所 行き先: アイルランド / ダブリン

タグ: ビール 一度は行きたい 素晴らしい


ダブリン中心部にある醸造所に併設

ギネス・ストアハウスは広大なギネス醸造所の一角にあり、重厚な建築が見事です。 ギネス・ストアハウスは広大なギネス醸造所の一角にあり、重厚な建築が見事です。

アイルランドと言えばパブ、パブと言えばギネスですが、ギネス・ストアハウスは、ダブリンの中心部の西にあるセントジェームスゲート醸造所に併設された、ギネスの原料〜加工〜完成〜マーケティングまでを体験できる施設です。こう書くとシンプルですがストアハウスの中は恐ろしく巨大で、きっと圧倒されると思います。アクセスは市内からはタクシーが一番便利です。その他観光地を案内するダブリンバスに乗るか、Bus123に乗り、James Streetで降ります。

チケット購入について

これは原料紹介コーナーにある水が滝のように轟音を立てて流れている展示です。 これは原料紹介コーナーにある水が滝のように轟音を立てて流れている展示です。

入場料金は、大人€16.50、学生€13.00、家族€40.00(大人2人+3〜17歳の子供4人まで)、シニア€13.00となっています(2012年12月現在)。ストアハウスに入ってからもチケットを購入できますが、もし大人用チケットを購入する場合はギネス・ストアハウスのウェブサイトをチェックしてください。シーズンによっては、オンライン割引料金を提示していることがあるからです。このチケット料金に、ギネス1パイント分が含まれています。

ギネスができるプロセスを体験できる!

かつて使用されていたタンクを使った展示です。英語のみですが、解説映像を見ることができます。 かつて使用されていたタンクを使った展示です。英語のみですが、解説映像を見ることができます。

ギネス・ストアハウスに入ると、まずは原料の麦とホップ、水が紹介されます。特に流れている水の量がすごい!初めてギネスを作ったアーサー・ギネスなどの歴史を学び、次に醸造のプロセスを見ます。実際に使われていた醸造タンクや樽がそのまま展示されていて、そこにディスプレイが埋め込まれ、わかりやすい解説を見ることができます。完成の段階まで行くと、100ml程度の少量のギネスを試飲でき、その後ギネス歴代CMなどのマーケティングのコーナーにたどり着きます。他にも、1800年代からのギネスの瓶や広告も堪能できます。

最後は最上階でできたてのギネスを飲む!

グラヴィティバーに着いたら、入場券を人数分見せてギネスを注文しましょう。この写真の状態はもらってすぐのものなので、ここから1〜2分泡が落ち着くまで待ってから飲みます。 グラヴィティバーに着いたら、入場券を人数分見せてギネスを注文しましょう。この写真の状態はもらってすぐのものなので、ここから1〜2分泡が落ち着くまで待ってから飲みます。

入場チケット1枚につき、1パイントのギネスが無料で飲めます。飲めるのはギネスの注ぎ方が体験で学べるコーナーか、最上階のグラヴィティバーのどちらか一方ですが、オススメはグラヴィティバーです。ギネスのプロができたてのギネスを注いでくれるので味は最高、しかも360度ダブリンの景色を一望することができます!最後は1階のおみやげコーナーで、ここでしか買えないギネスオリジナルグッズを買いましょう。友人を連れて何回か行きましたが全く飽きません。

関連情報

グラヴィティバーからは、ダブリン市内中心部はもちろん、ギネスが水を採取しているウィックロウの山並みを見ることができます。またかなり混雑するため、最初は立って飲むことが多いです。 グラヴィティバーからは、ダブリン市内中心部はもちろん、ギネスが水を採取しているウィックロウの山並みを見ることができます。またかなり混雑するため、最初は立って飲むことが多いです。

◆名称:Guinness Storehouse
◆住所:St James Gate, Dublin 8, Co. Dublin, Ireland
◆電話番号:01 453 8364
◆備考:ギネス・ストアハウスから帰るときに外が暗い場合、治安の面からタクシーをおすすめします。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2013/02/04)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索