アイルランドにキリスト教を広めた聖パトリック

3月17日は、アイルランドにとってクリスマスやイースターと並ぶ大事な日です。祝日となるこの日は、アイルランドにキリスト教を広めた聖人パトリキウス(英名:パトリック)の命日で、ダブリンは町中お祭り騒ぎになります。大通りでは盛大なパレードが行われ、人々は国旗を掲げてアイリッシュカラーの衣類を身につけたり、フェイスペインティングを施したりし、あちこちのパブがビールを飲む人々で溢れてにぎわい、数日間に渡りさまざまなイベントが行われます。

デイム・ストリートを通るパレード。左の建物はパーラメント・ホテル デイム・ストリートを通るパレード。左の建物はパーラメント・ホテル

パレードをしっかり見るなら準備は万全に

ダブリンのセント・パトリックス・デーの一番の見どころは、オコンネル・ストリートから始まりデイム・ストリートを通って聖パトリック教会へと続く、盛大なパレードです。12時から14時ごろの約2時間にかけて行われるこのパレードはとても見ごたえがありますが、道路のまわりは人で埋まってしまうので、開始前に行って場所を確保しておくことをおすすめします。そのとき、道路幅が広くて人も多いオコンネル・ストリートよりも、より間近でパレードを見られるデイム・ストリートの方で場所を確保することをおすすめします。

ゆっくり見物するならホテルからというのもあり

道路脇で場所を確保できればパレードを見られますが、熱狂の渦中に入ってしまうので盛況ぶりを写真におさめたいと考えている方などは物足りなく感じるかもしれません。ですがダブリンの通り沿いで高い位置を確保しようとすると、思いのほか困難なことに気づかれると思います。予約は難しいかもしれませんが、道路沿いのホテルに宿泊してしまってそこからゆっくり眺めるという手もあります。デイム・ストリート沿いに建っている「パーラメント・ホテル」と、クライスト・チャーチ大聖堂の向かいにある「ジュリーズ・イン」の道路沿いの部屋であれば、窓からパレードを見ることができます。

その年のイベント詳細は公式Webサイトをチェックしよう

パレード以外にも、この日には多くのイベントが開かれ、出店も出ます。日程が近づくと公式Webサイトが開設されるので、そちらをご確認いただきたいのですが、私が参加した中では、2015年、2016年と続けて開催された「アイリッシュ・クラフトビール&ウィスキー・ヴィレッジ」がイチオシです。数日にわたり昼から夜まで開催されており、アイルランド各地のクラフトビールを飲み比べながら、ステージで熱演を繰り広げている音楽を楽しみました。会場も広々していて、パブより人口密度が低いので、テンプル・バーにあるパブなどよりはゆっくり楽しめるはずです。盛り上がっていたため、2017年以降も続く可能性が高いと思います。セント・パトリックス・デー周辺に旅行予定がある方はぜひ、Webサイトをチェックしてみてください!