湖畔にたたずむカイルモア修道院

パート3からの続きです。コネマラ観光のもうひとつの目玉は、レターフラックから5kmほど離れたところにあるカイルモア修道院です。もとは1868年にマンチェスター出身の富豪ヘンリー=ミッチェルが、妻マーガレットのために建造した城館でした。しかしその後、妻に先立たれたヘンリー=ミッチェルは城館を売却し、1920年にベネディクト派の修道院となりました。1970年代からは一般公開がされ、現在では観光名所として毎年多くの人々が訪れています。ポラカパル湖のほとりにたたずみ、湖面にその姿を映す修道院は息を呑むような美しさで、コネマラ地方を代表するスポットとなっている理由がよくわかるでしょう。最後のパート4では、カイルモア修道院を単独で観光するさいの注意点をご説明します。

湖畔に佇むカイルモア修道院はなんとも美しい 湖畔に佇むカイルモア修道院はなんとも美しい

レターフラックからはレンタサイクルでアクセス

カイルモア修道院への観光は、基本的に自家用車かツアーが想定されており、公共の交通機関を使う場合は1日1本あるバスが唯一の手段となります。しかしこの場合、カイルモア修道院の観光にまる一日費やすことになり、またバスを逃すと帰れなくなるのでかなりリスキーです(拠点をレターフラックでなくゴールウェイにした場合は日帰り不可)。レターフラックから5kmという距離なので、歩いていくことも不可能ではありませんが、やはり時間はかかってしまいます。そこでおすすめなのが、レターフラックのいくつかの宿泊施設で提供されているレンタサイクルです。コネマラ地方の海岸沿いはサイクリングコースとしても人気があるため、走りやすい自転車が各所で有料貸出されています。レンタサイクルを使えば、ダイアモンド・ヒルのハイキングと合わせても一日で観光できるでしょう。

ウェブサイトからチケット予約すると1割引に!

カイルモア修道院の入場料は、一般13ユーロ、65歳以上10ユーロ、学生(11〜17歳)、10歳以下無料です。ただし公式サイト(www.kylemoreabbey.com)から事前にチケット購入するとそれぞれ1割引きとなり、かなりお得です。購入は6ヵ月前からできますが、キャンセルはできませんので、観光が決まったギリギリのタイミングで手続きされるといいでしょう。

1kmほど離れたところにある庭園も美しい

見学は修道院内部だけでなく、1kmほど離れたところにある庭園も同チケットで入ることができます。庭園へはシャトルバスがあり、11時半から16時半まで運行されています(12時45分から1時15分までは運休)。時間に余裕があるなら歩いてもいいですし、効率的に回るならバスを使って見学しましょう。なお、よくイメージ写真で使われてる、湖越しに修道院を見る風景は、入場ゲートの手前、無料エリアの範囲内で見ることができます。コネマラ地方を代表する自然豊かな国立公園と美しいカイルモア修道院、ぜひ1泊して存分に観光してみてください!