世界遺産「ボイン渓谷の考古遺跡群(ボイン渓谷)」の詳細情報

アイルランドの世界遺産・名所ガイド

Archaeological Ensemble of the Bend of the Boyne

ボイン渓谷の考古遺跡群

名称:ボイン渓谷の考古遺跡群(アイルランド
英語名称:Archaeological Ensemble of the Bend of the Boyne
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1993年

アイルランドに現存する最大の先史遺跡

紀元前3000年ごろに建造されたという、アイルランドの先史時代の遺跡群が連なるボイン渓谷。一帯にはニューグレンジ、ノウス、ダウスの3カ所に大型の石室墓と、40以上の墓地が点在している。ひとつだけ見るならニューグレンジへ。1962年に丘陵の地下から発見された石室は非常に精巧に構築されており、保存状態も良好で、石室内には冬至の日に入り口から陽光がまっすぐ届くようになっている。先人の天文学的な専門知識の高さがうかがえる造りだ。石室の周りには、それを囲むようにストーンサークルも見られる。さすが世界遺産と思わせる雰囲気が漂う遺跡に感動もひとしお。ダブリンから日帰りのツアーも出ているので、ぜひ行ってみよう。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


アイルランドの世界遺産「ボイン渓谷の考古遺跡群」についてご紹介します。ボイン渓谷の考古遺跡群の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。