キラーニー国立公園の牛が見られる牧草地

「町が国立公園内!? アイルランド南部の自然豊かな観光地キラーニー」パート1からの続きです。セント・メアリーズ大聖堂を見学したら、市街を出て自然公園の中へ入っていきましょう。入口すぐ近くには小さなカフェがあり、それを越えて道なりに進んでいくと、何頭もの牛が放し飼いされた牧草地に出ます。ちなみに、ここまで西に向かって歩いているため、夕方ごろにはこの牧草地の向こうに日が沈んでいく、とても美しい風景が楽しめます。

キラーニー国立公園の牧草地と夕焼け キラーニー国立公園の牧草地と夕焼け

ロス城へ至る2つのルート

牧草地の中へも道は続いていますが、そのまま進むと公園を出てしまいます。左に曲がる道を進みましょう。ここから南下して、15世紀に要塞として建てられたロス城へ向かうのが一般的な観光ルートです。途中、小川にかかる小さな橋をわたったところでまっすぐ進む道と右折する道に別れますが、どちらからでもロス城には到着できます。まっすぐの道は雑木林を抜け最短ルートで、右の道はレイン湖沿いの見晴らしの良い道をやや遠回りして進んでいきます。

湖の向こうにアイルランド最高峰のキャラントゥール山

園内の見晴らしの良いところでは、西に大きな山々が見えるでしょう。マクギリーカディ山脈といって、そのひとつのキャラントゥール山はアイルランドの最高峰です。といっても標高は1038mで、日本の山に比べると低山ですが、夏の観光シーズンにはトレッキングツアーも盛んに行われている人気のスポットです。

レイン湖のほとりにたたずむロス城

公園の入り口から歩いて、最短ルートなら30分ほど、遠回りしても45分ほどでロス城に到着します(駐車場があるので公園外の車道から車で来ることもできます)。ロス城の中はもちろん見学できますし、お城の前はレイン湖が広々と見渡せる景色の良いスポット。さらにクルーザーやボートなど湖を満喫できるアクティビティもあるので、時間の確保できる方はキラーニー国立公園だけで1日楽しむのも十分アリです。パート3と4ではキラーニー観光の目玉のひとつ、ダンロー渓谷をご紹介します。