天気が悪くてもキラーニーは楽しめる

「町が国立公園内!? アイルランド南部の自然豊かな観光地キラーニー」パート4からの続きです。キラーニー観光といえば、ケリー半島をレンタカーや観光バスで一周するコースも大人気です。私もケリー周遊ツアーに参加したのですが、当日はあいにくの雨。ほとんど何も見えない霧のような景色をただひたすらバスの中から眺めるだけとなってしまいました。アイルランドの観光では悪天候はつきもの。しかし、天気に恵まれなかったからといって諦めてはいけません。由緒ある観光地のキラーニーは、質の高い飲食店もたくさんあるのです。

温かみのある内装のパブ、オコナーズ 温かみのある内装のパブ、オコナーズ

オコナーズとマーフィーズ

目抜き通りのハイ・ストリートにある「O'Connors(オコナーズ)」では伝統的なパブらしい店内でおいしいビールが楽しめます。照明に本物のろうそくが使われているのがなんとも時代を感じさせます。営業時間はお昼12時から23時半(金・土のみ24時半)まで、定休日はありません(詳しくはこちら→https://oconnorstraditionalpub.ie/)。そこから高速バス乗り場の方向に少し歩いた「Murphy's Bar(マーフィーズ・バー)」というパブもおすすめです。こちらはもう少し高級なレストランのような雰囲気のお店で、食事も楽しめます。営業時間は午前9時(日のみ12時)から23時半(金・土は24時半、日は23時)まで、定休日はありません。もちろんどちらも夜にはライブが楽しめます。

ギネスではない黒ビール

アイルランドのパブならとりあえずギネス、という方もいるかもしれませんが、キラーニーでぜひお試しいただきたい、おすすめのスタウト(黒ビール)があります。その名も「マーフィーズ」。アイルランドではよく使われる固有名詞で、上記パブとも関係はないのですが、コーク州で醸造されているビールで、マンスター地方のパブでよく見かけます。ギネスよりやや苦味が少なく、アルコール度数もやや低いので、スタウトの口当たりになかなか慣れないという方にもおすすめです。

大人気の手作りアイスクリーム店「マーフィーズ」

ちなみにキラーニーには、これまた同じ名前の「マーフィーズ」というアイスクリーム店があります。本店はキラーニーからバスで2時間ほどの町ディングルにあり、ダブリンやゴールウェイにも支店を持っていますが、ディングルまでは行けない、しかし少しでも本店に近い味わいを楽しみたい、という方はぜひキラーニー支店で食べてみましょう。ディングルの海でとれた塩を使ったたっぷりミルクのバニラ・ソルト味がおすすめです。営業時間は11時半から23時半で、定休日はありません。自然、食、歴史建築とさまざまな楽しみ方ができる観光都市キラーニー、ぜひ訪れてみてください!