死海周辺旅行・死海周辺観光徹底ガイド

死海周辺旅行・死海周辺観光徹底ガイド

死海周辺旅行・観光の見どころ・観光情報

イスラエルとヨルダンにはさまれた南北に長い塩湖である死海は、塩分濃度が海水の10倍もあり、人がプカプカ浮いてしまうことで知られる。湖面の海抜はマイナス418mで、地表で最も低い場所だ。湖岸には凝結した塩が、白く岸を縁取っている。この塩と泥に含まれる豊富なミネラルが肌にいいことから、死海はマッドスパのできるリゾートとしても人気がある。ホテルはデイユースも可能で、エステも楽しめる。死海北側の観光都市エン・ゲディには、野生動物が見られるエン・ゲディ国立公園もある。(2016年9月編集部調べ)

死海周辺へ行くツアーを見る

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
ヘブライ語、アラビア語 NIS 約20.0時間 約-7時間

死海周辺の人気問合せ情報

死海周辺の最安値カレンダー

死海周辺旅行・観光の選び方

イスラエル単独ツアーや、ヨルダンやエジプトなどとの周遊型ツアーにも含まれている

死海観光はイスラエルを回るほとんどのツアーには含まれている。フリープランの場合は、エルサレムから「死海一日ツアー」などのオプショナルツアーが出ている。ヨルダンやエジプトなどとの周遊型ツアーでも、たいてい死海観光は含まれているので事前にチェックしておこう。ツアー期間は7〜10日間。死海の周辺には世界遺産のマサダや、死海文書が発見されたクムラン洞窟、エン・ゲディ国立公園などがある。死海に入るのは水着着用がルール。肌に傷がある場合はしみるので避けたほうがいい。死海周辺には高級リゾートがたくさんあり、死海の泥を使ったエステも体験できる。お土産は、死海の水を使ったクリーム、オリーブ石けんなどが人気だ。(2016年9月編集部調べ)


死海周辺のグルメ・伝統料理

死海地方の中心であるエン・ボケックは、高級大型ホテルが並ぶリゾートエリア。スパやレストランが併設され、ホテルの外に出なくても美味しい料理が食べられるなど施設が充実している。レストランでは、上質のオリーブオイルや新鮮なハーブを使ったイスラエル料理を楽しもう。イスラエルでは宗教的な食事の規定はあるものの、食べられる食材は非常に多い。種類が豊富なサラダの後に、チキンやラム、カバーブなどの挽き肉料理の炭火焼きや、郷土料理のファラフェル(ヒヨコ豆のコロッケ)とイスラエル産のワインを合わせれば、デトックスとグルメを同時に楽しむことができそうだ。(2015年編集部調べ)

死海周辺のショッピング情報

今、イスラエルのお土産として注目されているのが、死海のスキンケアプロダクツ。アハヴァ社は、ミネラルを含んだ泥や海水を主原料とするスキンケアシリーズを扱うブランドのひとつ。そのビジターセンターでは製品が作られるところを見学することができ、ショップでは他で手に入りにくい製品も販売されている。他に人気なのはシー・オブ・スパというブランドで、死海地方の土産物屋ではアハヴァ社の製品より多く売られているほど。(2015年編集部調べ)

死海周辺の気温・降水量ベストシーズン情報

気候的に年を通じ雨の心配はほとんどなく、いつでも遊泳が可能。12月〜2月は肌寒い日もあるが、水温は高め。夏は40℃近くなる日もあるため、ベストシーズンは3月〜5月と10月〜11月。(2015年編集部調べ)

死海周辺の人気ツアー

死海周辺旅行・死海周辺観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top