page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・アルベロベッロ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

世界遺産のアルベロベッロでトゥルッリの住居に住む!


掲載日:2013/02/28 テーマ:観光地・名所 行き先: イタリア / アルベロベッロ

タグ: お土産 お得 たのしい


眺めるだけじゃもったいない

宿泊施設「trullo sofia(トゥルッロ・ソフィア)」の外観 宿泊施設「trullo sofia(トゥルッロ・ソフィア)」の外観

日本人のみならず、世界中の観光客に大人気のアルベロベッロ。ブーツ型のイタリア半島のかかとの付け根あたりに位置するこの世界遺産の町は、一度は行ってみたい憧れの場所ですよね。トゥルッリと呼ばれる円錐形の屋根はあまりにも有名ですね【町については2010/08/30に紹介】。ここに来たならそれを眺めるだけじゃもったいない! この世界遺産地区に、それもトゥルッリ屋根の家に宿泊してみたい☆今日はそんな方々へのインフォメーションです。

アルベロベッロの特産品でコーディネート

宿泊施設「trullo silvio(トゥルッロ・スィルヴィオ)」の屋内 宿泊施設「trullo silvio(トゥルッロ・スィルヴィオ)」の屋内

ところで、アルベロベッロの特産品のひとつに、木綿や麻製のハンドタオルやランチョンマット、リネンなどがあります。すべて手作りで、それぞれの店が独自のデザイン(イラスト)を織り込んでいて、それはそれは可愛いんです♪ ご紹介する宿泊施設は、そんなこの町の特産品をとても素敵にインテリアコーデイネートした、まさにアルベロベッロの中のアルベロベッロ。聞けば、オーナーの奥様ご自身がすべて内装を担当されたそう。そのセンスは完璧です☆

ロケーションもインテリアも抜群

「trullo sofia 1」の1階 「trullo sofia 1」の1階

ご紹介する宿泊施設は、オーナーのMatarrese(マタッレーゼ)さんが所有する2軒。どちらもリオーネ・モンティのド真ん中。メインストリートのVia Monte San Micheleにある同オーナーのお店「Bottega del Tessuto Artigianale(手作り布製品の店)」から歩いて30秒足らずとロケーション抜群! そのひとつは同じ通りにある「trullo silvio(トルゥッロ・スィルヴィオ)」で最高7人が泊まれるグループ用。内装はクラシック・エレガント。一方の「trullo sofia(トゥルッロ・ソフィア)」はMax 4人と、Max 3人用があり、部屋間の扉を開けておけばブループでもOK。こちらはまさに“ネバーネバーランド”! ファンタジー溢れる屋内です。どちらもホテルと違ってキッチンが付いているのがいいですよね。今流行り(?)の、『世界遺産に住む』を体験できるってわけです。

泊まるために訪れるトゥルッリ

「trullo sofia 1」の2階寝室 「trullo sofia 1」の2階寝室

説明するよりもこれらの写真をご覧いただければ一目瞭然ですね。筆者は部屋に入るなり、感激して目も口も大きく開いてしまいました(笑)。昨年4月にオープンした新しい宿で清潔感もこの上なし。“泊まるために町を訪れる”というのもいいかも☆
ところで、上でご紹介した布製品は表面に凹凸があって、吸収力もすごくいいんですよ。おまけに安いのが嬉しい〜。筆者一押しの自他共へのお土産です!

「trullo sofia 2」のキッチン 「trullo sofia 2」のキッチン

■Romantic Trulli(ロマンティック・トゥルッリ)
宿泊施設:リオーネ・モンティ(モンティ地区)
店住所:Via Monte San Michele 70, Alberobello
電話:+39-080-4325427
URL:www.romantictrulli.com
e-mail:info@romantictrulli.com
休業期間:なし

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2013/02/28)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索