page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

掲載日:2018/01/14

ローマのお菓子「マリトッツォ」でしあわせ気分を

甘いもの好きの方にはぜひ食べてほしい、ローマの有名なお菓子「マリトッツォ」。 今回は個人的におすすめのお菓子屋さんのマリトッツォをご紹介します!

カテゴリ:グルメ/スイーツ エリア:ヨーロッパ  イタリア  ローマ キーワード: おいしい 甘い スイーツ おすすめ お手頃 食べ物

マリトッツォってなに?

マリトッツォってなに?

マリトッツォはイタリア語でMaritozzoと表記します。
ラツィオ州、特にローマの伝統的なお菓子で、一般的に丸いパン生地に生クリームが挟まったものを指します。お店によって少し見た目が異なる場合もありますが、ローマの多くのバール(Bar)やお菓子屋さん(Pasticceria)で目にすることができます。

ミニサイズのお菓子がお出迎え

ミニサイズのお菓子がお出迎え

ナヴォーナ広場から一本外れた道にある小さなお菓子屋さんが、
今回ご紹介するお店「Pasticceria 5 Lune(パスティッチェリア チンクエ ルーネ)」です。
入口は小さいのですが、奥行きがあるかわいらしいお店です。
入るとすぐに写真のようなミニサイズのかわいいお菓子がずらりと並んでいます。写真右はミニサイズのマリトッツォがあります。色々な種類のお菓子を食べたい方にはこちらのサイズがおすすめです。

イタリアならではのお菓子も

イタリアならではのお菓子も

さらにお店の奥へと進むと、今度は先ほどのお菓子よりも大きなサイズのお菓子が並んでいます。シュークリームや、イタリアの有名なお菓子のカンノーロ(リコッタチーズのクリームが筒状の生地に入っているお菓子)、ババ(ラム酒シロップがひたしてあるケーキ)などと一緒にマリトッツォがありました!

あっさりと食べられます

あっさりと食べられます

今回私が購入したのは大きなサイズのマリトッツォ(1つ1ユーロでした)。
手に持つとこのようなサイズ感です。こちらのお店のマリトッツォの生地は、日本のシュークリームのシュー生地に似ています。生クリームは中にぎっしり詰まっていますが、全く重くありません。
あっさりと食べられ、朝食やティータイムにぴったりです。
お店にはイートインスペースはないので、天気がいい日は近くにあるナヴォーナ広場のベンチに座って食べるのもいいと思います。
ナヴォーナ広場周辺にお越しの際は、是非こちらのマリトッツォをトライしてみてください。

お店情報

お店情報

Pasticceria 5 Lune(パスティッチェリア チンクエ ルーネ)
住所:Corso del Rinascimento, 89, 00186 Roma
アクセス:ナヴォーナ広場から徒歩2分
営業時間:火〜日 8:00〜21:30

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/01/14)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索