page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・ベルガモ・世界遺産の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

世界遺産の城壁に囲まれた北イタリアの旧市街「チッタ・アルタ」


掲載日:2019/09/23 テーマ:世界遺産 行き先: イタリア / ベルガモ

タグ: 教会 素晴らしい 歴史


週末の保養地

チッタ・バッサから見上げたチッタ・アルタ チッタ・バッサから見上げたチッタ・アルタ

ミラノの北東45kmに位置するベルガモの旧市街は、都会の住民が週末をゆっくり過ごすのに人気の町。町は新市街のチッタ・バッサ(下の町)と、“中世の街並みが色濃く残る”チッタ・アルタ(上の町)のふたつにくっきり分かれていて、訪ねるのはもちろん後者の旧市街の方。その名の通り高台にあり、チッタ・バッサの標高250mほどに対して、ほぼその倍の標高485mに開け眺望も抜群!車でも列車のローカル線でもミラノから1時間足らずで着けるので、ミラノからの日帰りもOK。イタリア全20州内で最も人口の多いロンバルディア州にあり、日本でいうと都内に住む人が週末に鎌倉を訪れるようなものですね。

世界遺産の城壁

チッタ・アルタを一周する城塞 チッタ・アルタを一周する城塞

このチッタ・アルタは古き美しき町並みもさることながら、全体が全長6kmにも及ぶ城壁に囲まれていることも大きな特徴です。ベルガモが海洋国家・ヴェネチアの支配下にあった15〜18世紀、軍事防衛設備として16〜17世紀に建設されたものですが、現在もほぼ完全な形で残り威風堂々と堅固に街を守り続けているのです。そしてそれは、2017年に晴れてユネスコの世界文化遺産にクロアチア、モンテネグロの同・軍事防衛設備と共に登録されました!ちなみにイタリア共和国にある54ヶ所の世界遺産のうちの52番目です。

教会の見事なバロック装飾

コッレオーニ礼拝堂(正面)とサンタ・マリア・マッジョーレ教会(後方) コッレオーニ礼拝堂(正面)とサンタ・マリア・マッジョーレ教会(後方)

さて、チッタ・アルタは明治神宮内苑とほぼ同じ広さの70万平方メートル。街の中心にはヴェッキア広場とドゥオーモ広場が州内最古の公共建築物とされる12世紀末建築のラジョーネ館を境に隣り合い、ドゥオーモ広場は聖アレッサンドロ司教座大聖堂、サンタ・マリア・マッジョーレ教会、コッレオーニ礼拝堂、大鐘楼といった街の主要建築物に囲まれています。中でも、サンタ・マリア・マッジョーレ教会の内陣は思わず息が止まるほど、目もくらむほどの美しさ!12世紀の質素な外観からはまるで想像のつかない洗練された煌びやかなバロック装飾は、イタリア中の教会群をもってしても圧巻の荘厳さです!!

有名貴族の紋章とは・・

大鐘楼からの眺望 大鐘楼からの眺望

その教会の一部を取り壊して作られたのがコッレオーニ礼拝堂。15世紀のベルガモの領主で、ヴェネチア共和国に莫大な富をもたらしたというバルトロメオ・コッレオーニの眠る、さすが贅を尽くした造り。しかしそれに輪をかけて有名なのが実は同家の紋章で、幸運・繁栄をもたらすとされるそのデザインは、ナント3つの睾丸!礼拝堂前の柵にも刻まれてますので一見あれ。イタリアの人ってやっぱりスゴイっ(笑)

インフォメーション

フニコラーレの下駅(Funicolare Staz. Inferiore ) フニコラーレの下駅(Funicolare Staz. Inferiore )

Bergamo Citta` Alta(ベルガモ・チッタ・アルタ)
■ミラノからのアクセス:TrenitaliaのRegionaleで約50分。直行は1時間に1本。
■ベルガモ駅からのおすすめアクセス:駅前から1A番のバスで6分、「Funicolare Staz. Inferiore」下車。フニコラーレ(ケーブルカー)でチッタ・アルタヘ。またはそのまま乗車し「Porta S.Agostino」以降のバス停で下車。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/09/23)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索