カプリ島グルメ・料理ガイド

カプリ島グルメガイド

カプリ島のグルメ・伝統料理

南イタリア、ナポリ近郊の最大の避暑地と言ったら、やはりカプリ島をおいて他にないだろう。青い海と白亜の建物は、イタリア人だけでなく世界中のセレブリティから人気の島だ。カプリ島に行ったら有名な青の洞窟を見学して、ショッピングを満喫して、そして美味しい伝統料理を楽しんで欲しい。360度美しい海に囲まれた島は漁業も盛んで、新鮮な魚介類をつかった食事を堪能できる。高級リゾート島なので全体的に料金は高めだが、景色込みの料金だと思えば納得できる。(2015年編集部調べ)


カプリ島のレストラン・屋台

カプリ島の入り口、マリーナ・グランデ港からケーブルカーに乗るとカプリの町に到着する。町の中心でもあるウンベルト1世広場には、オープンテラスのバーや雰囲気の良いレストランが集まっており、旅行者でも安心して食事ができる。また裏道には小さなトラットリアも多く見つかる。一方、カプリの隣町、アナカプリは地元の人も多く住み、全体的に料金が割安だ。個人的にはアナカプリのトラットリア「Mamma Giovanna」が気に入っており少なくとも4回は通った。2名50ユーロでかなり豪華な魚介ランチが楽しめるのでお勧め。

カプリ島の水・お酒

カプリ島でも食事の時はワインが主流。グラニャーノというソレント近くの白ワインがよく飲まれている。微炭酸で爽やかなのどごしのワインは、魚介料理との相性も良く、ぜひ試していただきたい。もちろん暑い日には一杯目にビールを頼むのもルール違反ではない。イタリアンビールは味が軽めで料理ともよく合う。南イタリアの場合、飲料水はミネラルウォーターを購入するのが良い。地元の人は水道水も飲むが、旅行者はできるだけ避けるのが無難だと思う。ペットボトルの水はバールでもスーパーでも手軽に購入可能。


現地ガイド発!カプリ島のグルメ・料理最新情報

2013/11/04 グルメ

カプリの青い海を一望できる、崖の上のレストラン

カプリ島旅行イメージ-もちろん新鮮な魚もたくさんあります。イタリアのレストランで魚料理は高いですが、好きな方は贅沢に試してみてください。グリル焼きなどシンプルな調理法が多いです。 もちろん新鮮な魚もたくさんあります。イタリアのレストランで魚料理は高いですが、好きな方は贅沢に試してみてください。グリル焼きなどシンプルな調理法が多いです。

今回紹介するレストランは、カプリ島内の西側、アナカプリに位置するレストラン「ジョルジョ・アル・クッチョロ」です。このレストランの最大の魅力はテラスから見える景色。ランチもディナーも両方食べてみましたが、どちらの時間帯も素晴らしいの一言です!昼は涼しい海風がそよぎ、色鮮やかな海が一望できますし、夜は満天の星のもと、遠くにはナポリの町の光が輝いています。おそらくカプリにあるレストランの中でも、有数の美しい景色を提供してくれるお店でしょう。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


カプリ島グルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるカプリ島の伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
カプリ島のグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!