贅沢・優雅にトキを過ごす旅〜自然と人工の美が調和するコモ湖をゆったり遊覧

イタリア・コモ・観光地・名所の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

贅沢・優雅にトキを過ごす旅〜自然と人工の美が調和するコモ湖をゆったり遊覧

掲載日:2010/07/20 テーマ:観光地・名所 行き先: イタリア / コモ ライター:木場しのぶ

タグ: クルーズ セレブ 一度は見たい 絶景



ABガイド:木場しのぶ

【イタリアのABガイド】 木場しのぶ
全ガイドを見る
ライター、コーディネーター、フォトグラファー。専ら端午の節句生まれを誉れとし、鯉幟を吊るす竹のように生きることを目指す。趣味・興味は多方面に渡るが、特に“食べて飲んで湯に浸かる”の3拍子をこよなく愛する。イタリア語通訳案内士資格を所持し、通訳としても活動。著書『蝦(エビ)で釣られたイタリア』は涙と笑いのイタリア滞在記。

水際と斜面に立ち並ぶヴィラ 水際と斜面に立ち並ぶヴィラ

有名人も館を構える高級別荘地

“避暑地”であり、なお“風光明媚”とくれば、『高級別荘地』と続くのはこの世界の常? イタリアにおけるその代表は、イタリアの北の端、スイスとの国境近くに位置するコモ湖です。湖畔に立ち並ぶのは、もちろんログハウスじゃあありません! ヴィラですヴィラ! イタリアきっての豪華別荘地、いえ、ヨーロッパを代表すると言えるかもしれませんね。かのソフィア・ローレンはもう半世紀近くお住まいのようですが、近年はあのジョージ・クルーニーが水辺に豪邸を購入されて、ときおり姿をお見せになるとか。

 

ジョージ・クルーニー邸 ジョージ・クルーニー邸

「見ずして言うなかれ!」

コモ湖はイタリアで3番目に大きい湖。面積は北海道のサロマ湖と同じくらいですが、最長46km、最大幅が4.5kmという細長〜い湖。逆「Y」字型という珍しい形で、私には超細身の足長人間が歩幅大きく走っている姿に見える湖です(笑)。この細長い湖が、最深410mもあるというのには驚かされますよね。
そしてこの湖が人々を魅了するわけは、『コーモーを見ずしてエーモーと言うなかれ』【こじつけすぎ・・】。見れば納得です。点在するヴィラを人工美と呼ぶならば、まさに自然と人工の美の調和がとてもすばらしいところ。お金より“時間”を尺度にして、とても贅沢な場所ですね。緑と青に塗られた美しい絵画の中に身を置いて、澄んだ空気を吸いながらの〜んびり過ごすトキ。日々時間に追い立てられる現代、それは万民にとって最高の贅沢でしょう。

 

残雪のアルプス山脈 残雪のアルプス山脈

お勧め1日観光

とはいえ数日の滞在は難しいという方は、丸1日をコモ湖観光に! ミラノから日帰り可能です。遊覧船に揺られながらのゆったり旅――これでも十分に贅沢感が味わえます。お勧めは、湖の南端・コモ(Como)から、ちょうど湖の中間(分岐点)のベッラージョ(Bellagio)まで約2時間の遊覧。
乗船後まもなくヴィラ・デステ(Villa d’Este)登場。庭園が見事なスーパーデラックスホテルです。それからジョージ・クルーニーの館を過ぎ、ミハエル・シューマッハ所有のヴィラが近付くと、進行方向に威厳をなして現れるアルプス山脈。雪の残るベルニナ山群が迫力です。その先のヴィラ・カルロッタ(Villa Carlotta)は、7万平方メートルの美しい庭をもつ美術館。そしてベッラージョ到着。この街のヴィラ・メルツィ(Villa Melzi)も様々な花で彩られた庭園。コモ湖のヴィラのほとんどが、それは美しい庭園を誇っているのです。ベッラージョはレストランや店が軒を連ねる洒落た街並みが続き、散策がてら名産の絹製品などのショッピングも楽しめます

 

ベッラージョの街並み ベッラージョの街並み

ミラノからの交通手段

ミラノ中央駅からコモ・サン・ジョバンニ駅(Como S. Giovanni)まで、国鉄(FS)で33分。私鉄(Ferrovie Milano Nord)の場合は約1時間。この駅は遊覧船発着所のすぐ近くで、国鉄の駅だと徒歩15分。遊覧船の時間に合わせて利用されるといいですね。遊覧船の復路は半分の1時間で着く高速船という手もあります。
遺跡・史跡、そして教会に美術館といった観光の中に、是非組み込んでみてください。記憶に深く刻まれる優雅な旅となるでしょう☆

 

ヴィラ・メルツィをひとまわりする展望遊覧車(約20分/5ユーロ) ヴィラ・メルツィをひとまわりする展望遊覧車(約20分/5ユーロ)

■Navigazione Lago di Como(コモ湖遊覧)
コモの乗船場:P.zza Cavour, Como
電話:(+39)031-579211
URL:www.navigazionelaghi.it
その他:国鉄(FS)www.ferroviedellostato.it/私鉄(FMN)www.lenord.it

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/07/20)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事