page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・アマルフィ海岸・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

地中海の美しさが凝縮、人気急上昇のアマルフィ海岸の魅力を堪能しよう!


世界で最も美しい海岸線の1つ、アマルフィ

これが世界有数のリゾート地、アマルフィ海岸の風景です。青い海と空はどこまでも澄んでいて、海岸沿いから丘陵地帯にかけて美しい白い町がたたずんでいます。 これが世界有数のリゾート地、アマルフィ海岸の風景です。青い海と空はどこまでも澄んでいて、海岸沿いから丘陵地帯にかけて美しい白い町がたたずんでいます。

ナポリの南、カンパーニア州のソレントからサレルノまでの全長40キロの海岸線は、コスティエラ・アマルフィターナ(Costiera Amalfitana)と呼ばれ、世界でもっとも美しい海岸線の1つと言われています。1997年にはユネスコの世界遺産にも登録され、日本ではアマルフィの名を冠した映画が公開されてからさらに注目を集めています。急カーブが続く細い海岸線が特徴的で、バスで向かえば眼下にコバルトブルーの海、反対側にはレモン畑がつづく丘陵地帯という、まさに世界一の名に恥じない美しい光景が楽しめます。

お勧めの季節は春から初夏、そして初秋です

6月上旬でも暖かい日ならすでに海水浴ができます。滞在者はみなリゾートファッションに身を包み、ゆったりとリラックスしています。食事も美味しいですし、何日いても足りないくらい楽しいです。 6月上旬でも暖かい日ならすでに海水浴ができます。滞在者はみなリゾートファッションに身を包み、ゆったりとリラックスしています。食事も美味しいですし、何日いても足りないくらい楽しいです。

アマルフィ海岸は今から2000年前のローマ帝国の時代から、その美しさ故に皇帝にも愛されてきた地域で、世界有数のリゾート地。海岸沿いには、ポジターノ、アマルフィ、ミノーリ、マイオーリといいった小さな、そして宝石のようにきらびやかな町が連ねています。
8月から9月中旬のバカンスシーズンになると、穏やかな気候と美しい景観を求めてヨーロッパ中から人があつまります。ゆっくりと観光を楽しむなら春から初夏、もしくはバカンスの終わった秋口が狙い目です。地中海性気候はとても穏やかなので心も体もリラックスできますよ。

アマルフィ海岸へはぜひバスで入りましょう

これがスリリングで楽しい、急カーブが続くアマルフィ海岸道路です。バスはまるでジェットコースターのように蛇行しながら進んで行きます。写真を撮っていたらあっという間にアマルフィの町に到着します。 これがスリリングで楽しい、急カーブが続くアマルフィ海岸道路です。バスはまるでジェットコースターのように蛇行しながら進んで行きます。写真を撮っていたらあっという間にアマルフィの町に到着します。

アマルフィ海岸に行くにはソレントもしくはサレルノから入るのがお勧めです。ナポリから鉄道で1時間あまりの両都市からは、海岸線を走る長距離バスが運行しています。このバスの旅がとても楽しい!海岸沿いに細い道が続いていて、そこをバスが蛇行しながら突き進みます。イタリアの運転は荒くて有名ですが、慣れたハンドルさばきで時にはクラクションを鳴らしながらスイスイと進んで行くのです。バスを乗るときに注意して欲しいのが座る席。地図を確認して、ぜひ海岸線側の席を確保してください。車に弱い方は船がお勧めです。

アマルフィを拠点にビーチも町観光も満喫!

アマルフィ海岸には町がいくつかありますが、拠点となるのはアマルフィの町でしょう。海洋共和国として栄えた都市も今はその面影を残すのみで、ゆったりとした時が流れています。白い建物と青い海のコントラストは地中海の小都市のイメージにぴったり。レモンのリキュールやリゾートファッション、カラフルな陶器など南伊リゾート地の楽しい雰囲気にあふれています。食事も美味しく、町も安全、夜の散策もお勧めです。イタリア旅行で目的地に迷っているなら、ぜひアマルフィも候補にいれてみてはいかがでしょうか。

関連情報

■アマルフィへの行き方
ソレントから長距離バスで1時間40分。サレルノからバスで1時間15分。サレルノから船で約45分。
■ソレントまでの行き方
ナポリからヴェスーヴィオ周遊鉄道で約1時間
■サレルノまでの行き方
ナポリから鉄道で約1時間

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/03/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索