page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・アマルフィ海岸・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

アマルフィ海岸ではこの町を散策しよう!優雅なリゾート都市・ポジターノ


エメラルドブルーの美しい海、アマルフィ海岸

ポジターノの町はアマルフィ海岸の中でももっとも美しい町と言われています。町は緑に囲まれ海岸まで広がっています。手前に見えるのが町の大聖堂。 ポジターノの町はアマルフィ海岸の中でももっとも美しい町と言われています。町は緑に囲まれ海岸まで広がっています。手前に見えるのが町の大聖堂。

春から夏、秋にかけて訪れたいのが南イタリアのリゾート地。どこまでも透き通る青い海と、地中海風の白い漆喰の建物が目にも鮮やかで、ゆったりとした時間を過ごせるでしょう。しかも南イタリアは魚介料理が美味しい。ムール貝の盛り合わせ、魚のカルパッチョ、ウニのパスタなどグルメの日本人には天国のようです。その南イタリアで最近人気急上昇なのがアマルフィ海岸。穏やかな気候と美しい景色は想像以上で、訪れる人だれもがもう一度帰ってきたいといいます。そのアマルフィ海岸で一番人気の町が今回紹介するポジターノです。

可愛い町ポジターノはイタリア有数の景勝地です

町は斜面に張り付いているので階段が多く、民家の間を細い道が入り組んでいます。建物がカラフルで写真スポットばかりです!のんびりと散策するとても楽しいですよ。 町は斜面に張り付いているので階段が多く、民家の間を細い道が入り組んでいます。建物がカラフルで写真スポットばかりです!のんびりと散策するとても楽しいですよ。

アマルフィ海岸の西側、ソレントから一番近いところに小さな町ポジターノがあります。わずか4000人が住む町には毎年何万人もの観光客が訪れます。2000年前の古代ローマの皇帝もこの地に別荘を持っていたというのだから、その美しさはお墨付きでしょう。町は海岸沿いの山間に張り付いていて、写真で見るような美しい姿が目の前に広がります。皇帝をも魅了する理由がすぐに分かるでしょう。ここではすべてが極彩色。丘の上にはレモンの実がキラキラと輝き、町を縫うように走る小道には色とりどりの花が咲き乱れます。全てが別世界です。

ポジターノでは食事も満足、ショッピングも楽しい

これが「ポジターノ・サンダル」のお店。完成品も売っていますが、時間に余裕があったらぜひオーダー・サンダルを注文しましょう。サイズはもちろん、鼻緒の色やアクセサリも自分好みに選べます。 これが「ポジターノ・サンダル」のお店。完成品も売っていますが、時間に余裕があったらぜひオーダー・サンダルを注文しましょう。サイズはもちろん、鼻緒の色やアクセサリも自分好みに選べます。

町はシックで安全で、レストランやバールも豊富にあります。どのレストランも目の前の海で捕れた新鮮な魚を使った料理が魅力で、地元白ワインとの相性も抜群です。そして町の中には麻の涼しげな服などのリゾート・ファッションのお店が多く、その中でもサンダルのお店が目を引きます。ここではオリジナルの革サンダルを作ってくれるのです。サイズを測り、自分ですきなデザインやアクセサリーを選んぶと1時間程度で完成。お土産と旅行の記念にオーダーすると良いでしょう。もちろん全部手作りですよ。

アマルフィ海岸はバスで入るのが楽しい!

アマルフィ海岸の移動は船かバスが中心となります。バスは崖の上を疾走して、眼下には写真のような美しい景観が広がります。一見の価値有り!カメラを忘れないように! アマルフィ海岸の移動は船かバスが中心となります。バスは崖の上を疾走して、眼下には写真のような美しい景観が広がります。一見の価値有り!カメラを忘れないように!

アマルフィ海岸に入るのは、サレルノかソレントからバスを利用するのが一番簡単です。清潔な長距離バスは乗り心地も良くて快適な旅となるでしょう。このバス移動がなかなか楽しい。入り組んだ急カーブの海岸道路をみごとなハンドルさばきで走り抜けていくのです。窓の下は断崖絶壁で青い地中海が広がっています。この眺めとスリルを体験するだけでもアマルフィに来る価値があるでしょう。バスに乗るときはぜひ海岸側の席を確保しましょう。車窓から写真を撮っていたらあっという間にアマルフィに到着しますよ。

関連情報

■ポジターノへの行き方
ソレントからSITA社バスで40分。サレルノからはバスで約2時間。サレルノから船で1時間30分。
■ソレントまでの行き方
ナポリからヴェスーヴィオ周遊鉄道で約1時間
■サレルノまでの行き方
ナポリから鉄道で約1時間

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/05/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索