page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・アマルフィ海岸・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

世界で一番美しいアマルフィ海岸


掲載日:2013/07/04 テーマ:観光地・名所 行き先: イタリア / アマルフィ海岸

タグ: おいしい 一度は行きたい 街歩き


アマルフィ海岸の起点ソレント

安全なので夜歩くのも心配無用 安全なので夜歩くのも心配無用

南イタリアの高級リゾート地であるソレントはアマルフィ海岸の入り口なので年中観光客で大賑わい。メインストリートのコルソ・イタリアを歩くと、ここがレモンの街だということに気が付くでしょう。見渡す限りどのお店もカンパーニャ特産のリキュール、リモンチェッロを売っています。バイオリンや月の形をしたボトルに入っているのもあれば、イタリアの形(ブーツ)をした瓶に入っているものも。このアルコール35度のテイスティングはほぼどこでもできるのでママとパパはほろ酔い気分でご機嫌。レモンチョコのテイスティングで、キッズもハッピー!

おとぎ話にでてきそうな街ポジターノ

バス停からビーチまではかなり距離があるので、時間に余裕をもって計画したい バス停からビーチまではかなり距離があるので、時間に余裕をもって計画したい

ソレントからシタバスに乗ってくねくね道を1時間半弱行くと、かわいらしい街が現れてきます。ここがハリウッドスターもバカンスにくるというポジターノ。山の斜面にカラフルな家がお行儀よく並んでいます。バス停からビーチまでの坂道にはおみやげやさんやレストラン、それから子どもにはちょっと酸っぱすぎるけど大人にはうれしいレモンジェラートやさんも。ビーチフロントにあるサンタマリアアッスンタ教会のマヨルカ焼でできている大きなクーポラが印象的。独特な景観に囲まれているビーチはキッズの最高の遊び場ですが、夏でも海の水は冷たい!

迷路の街アマルフィ

マリーナ門近辺ではエメラルド洞窟行きのツアーも扱っている マリーナ門近辺ではエメラルド洞窟行きのツアーも扱っている

中世初期は海洋貿易港として栄えたアマルフィの町中にはマリーナ門をくぐるとたどりつけます。メインストリートのロレンツオ通りの左右には敵からの侵略から防ぐための、迷路のような小路がたくさん!外出するたびに違うルートでホテルに戻ってくるというゲームにキッズは冒険心をメラメラ。ファミリーでどっぷりと迷ってみるといろんな発見が!迷子になってたどりついた、小さなレストランのメニューにあったピッツア・アマルフィタナはエビとアサリののったシーフードピッツア。アマルフイ全体を見渡せる桟橋でキッズは岩ホッピングに夢中。

アラブ・イスラム様式のアマルフィ大聖堂

ドゥオモ広場のまわりにはおみやげ屋やホテルが多い ドゥオモ広場のまわりにはおみやげ屋やホテルが多い

町に入ってきてまず目にするのが金色のファザードが眩しい、右手にあるアマルフィ大聖堂(ドゥオモ)。階段をひたすら上って入り口にたどりつきます。このドゥオモは10世紀に漁師の守り神である聖人アンドレアを祀るために建てられました。入ってすぐにある天国の回廊はアラブ様式の120本の柱があり、異国情緒。地下礼拝堂などもありますが、神聖なる場所なのでキッズには静かにするよう大聖堂入りする前に言っておいた方がベター。ドゥオモ広場にはレストランが並び、お食事をするには最高のロケーション。

【関連情報】

ソレントの小路",,,,,小さな隠れ家カフェで美味しいティータイム『Teakha 茶・家』" ソレントの小路",,,,,小さな隠れ家カフェで美味しいティータイム『Teakha 茶・家』"

アマルフィ海岸 http://www.amoitalia.com/amalfitana/       http://www.japanitalytravel.com/banner/amalfi/top.html

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2013/07/04)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索