page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・アマルフィ海岸・世界遺産の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ターコイズブルーの光が舞う神々しい世界〜エメラルドの洞窟


掲載日:2014/04/04 テーマ:世界遺産 行き先: イタリア / アマルフィ海岸

タグ: 一度は行きたい 絶景 美しい


水中に残る唯一の色

「エメラルドの洞窟」。洞窟内の明かりを消すと、ターコイズブルーが浮き上がる。 「エメラルドの洞窟」。洞窟内の明かりを消すと、ターコイズブルーが浮き上がる。

海の水はなぜ青いの? きっと皆さんも幼い頃、お父さんお母さんにそんな質問しましたよね!? もともと虹の七色を持つ太陽の光は、海に差し込むと青色以外の色は吸収されてしまうらしく、青色だけが力強く(!)水中で屈折を続けながらどこまでも広がっていくようです。強い日差しに照らされる海はそれだけで充分綺麗なものですが、そんな青色がとびっきり美しく光り輝く光景は一度目にすると脳裏に焼きついて離れません。私はそれを見たとき、まず大きく歓声を上げ、そして息を呑み、それからしばらく開いた口が塞がらなかったような気がします。

アマルフィ海岸の宝石

洞窟内は箱型の船で鑑賞する。 洞窟内は箱型の船で鑑賞する。

そこは、アマルフィ海岸にある「グロッタ・デッロ・ズメラルド(エメラルドの洞窟)」。アマルフィ海岸の宝石とされている場所です。薄暗い照明の下でエメラルドグリーンだった水が、ターコイズブルーへと変化するグラデーションはとてもこの世のものとは思えない神秘的な世界! 船頭さんがオールで水しぶきを上げてくれると、水中から浮き上がる光がさらにそこに乱反射して暗闇に燦燦とターコイズブルーの光が舞うのです。感動に体を痺れさせながら押したシャッターは、その神々しさを収めきれてなくて申し訳ないのですが、しかしこれは是非肉眼で見ていただきたいですね。

水中を伝わる神々しいブルー

水中のプレゼピオ(イエス・キリストの誕生)。オールで水を掻き分けた後に一瞬だけくっきりとみることができる。 水中のプレゼピオ(イエス・キリストの誕生)。オールで水を掻き分けた後に一瞬だけくっきりとみることができる。

水深約10m、高さ24mほどの洞窟は、かつては地上にあったものとされていますが、地球温暖化による海面の上昇と地震による地盤沈下とで現在の形になったそう。そして水面下4mほどの外海に通じる自然にできた海底トンネルから侵入する光が、このような神々しい世界を作り上げているのです。石灰質地層の洞窟にはまた、石筍と鍾乳石が作る面白い造形もあり、その他にも50年ほど前に海底に設置された陶器のプレゼピオ(キリスト生誕を表現したもの)なども目を楽しませてくれます。

行き易さも鑑賞し易さ共に抜群

洞窟のあるコンカー・デイ・マリーニ(入り江) 洞窟のあるコンカー・デイ・マリーニ(入り江)

洞窟の発見は、カプリ島の「青の洞窟」より100年ほど遅く1932年。地元の漁師によって発見された時には小さな穴があっただけでしたが、後に開削されて地上から洞窟へ入ることができるようになりました。そして洞窟内で箱型のボートに載って、船頭さんの説明を聞きながら鑑賞します。アマルフィから4kmほどと地の利もよく、地上から行く際でもエレベーターで上り下りできるというバリアフリー。
発見者は生涯この発見を誇りとしていたそうですが、覗き込んだ小さな穴から見えた世界の驚きと興奮はいかばかりだったか・・・想像するに難くありませんね。

関連情報

■Grotta dello Smeraldo(グロッタ・デッロ・ズメラルド):エメラルドの洞窟
住所:Conca dei Marini, Amalfi
入場料:5ユーロ
開場時間等のインフォメーション電話:(+39)089-871107
同E-mail:info:amalfitouristoffice.it
アクセス:アマルフィからバス或いは船

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2014/04/04)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索