フィレンツェグルメ・料理ガイド

フィレンツェグルメガイド

フィレンツェのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示
 

フィレンツェを含むトスカーナ地方の料理は、もともと農家の料理がベースになっているものが多い。現在では洗練されたモダンな料理から、気軽に庶民の食事として出されるものまで、様々な食事が楽しめる。名物料理はパンと野菜のスープ「リボリータ」や、特産のキアーナ牛のステーキ「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ」で、グルメなら食してみたいもの。イタリアでも珍しいフレッシュサラダの「ピンツィモニオ」は、季節の新鮮野菜をそのまま「つまむ」料理。上等なトスカーナ産オリーブオイルと塩を混ぜたものをつけながら食べる。(2015年編集部調べ)


フィレンツェのレストラン・屋台

フィレンツェでは、高級店の「リストランテ」から家庭料理を提供する大衆的な「トラットリア」まで、様々な食事を楽しむことができる。気楽な居酒屋「オステリア」もあるので、予算や目的に合わせて選ぼう。節約派や時間の無いときは「ターヴォラ・カルダ」と呼ばれる大衆食堂がおすすめ。調理済みの総菜類から好きなものを選んで皿に盛ってもらうスタイルで、安い上にボリュームもたっぷりだ。ドゥオーモやフィレンツェの町並みの眺めを楽しみたい時はデパート「ラ・リナシェンテ」やウフィッツィ美術館のカフェがおすすめ。

フィレンツェの水・お酒

水道水は石灰分が多い硬水で、飲めるが慣れないとお腹が緩くなることもある。心配ならミネラルウォーターをキオスクやスーパーなどで購入しよう。コーヒーやお酒を飲みたい時は、イタリアのカフェであるバールに行ってみよう。カウンターで飲むかテーブル席かで料金が変わってくる。時間によるが、軽食程度は食べられる。トスカーナ地方はまたワインの名産地だけあり、ワインの専門店「エノテカ」も多い。お店ではグラスで飲むこともできるのでお気に入りのボトルを見つけてみよう。


現地ガイド発!フィレンツェのグルメ・料理最新情報

2016/09/02 グルメ

フィレンツェで流行りのブランチに行ってみよう!

フィレンツェ旅行イメージ-ブランチはビュッフェスタイルで、好きな料理を何度も食べることができます。リストランテ・マダムのブランチは野菜もたっぷりで彩りも綺麗です。 ブランチはビュッフェスタイルで、好きな料理を何度も食べることができます。リストランテ・マダムのブランチは野菜もたっぷりで彩りも綺麗です。

フィレンツェではこの1年くらい「ブランチ」がプチブームです。本来の意味合いとは少し異なりますが、日曜日の少し早めの時間にレストランやカフェでビュッフェ形式の料理を提供するサービスです。早い時間とは言っても、ランチ時間の遅いイタリアでは12時頃からスタートします。フィレンツェでもブランチが有名なお店がいくつかあります。もっとも豪華なのがフォーシーズンズ・ホテルのブランチ、なんと一人82ユーロ。ベニスに本店があるフロリアンも贅沢なブランチを35ユーロで提供しています。さすがにこの2店は高すぎて普段使いは難しそうです。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


フィレンツェグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるフィレンツェの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
フィレンツェのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!