page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・フィレンツェ・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

食べて良し、洗って良し、塗って良し!本場イタリアのオリーブオイル


掲載日:2007/07/06 テーマ:ショッピング 行き先: イタリア / フィレンツェ

タグ: お土産 ショッピング 名物 欲しい


私の健康は、オリーブ様のおかげ?!

オリーブはイタリア半島のほぼ全土で育つ、大地の恵 オリーブはイタリア半島のほぼ全土で育つ、大地の恵

健康管理と病気の早期発見を兼ねて毎年日本で血液検査をしているのですが、掛かりつけのお医者様に「完璧◎」と太鼓判を押していただきます。結果表の値はどれも見るからにスマートに正常値の範囲内に収まっていて、若干ひとつ、値が正常値からはみ出しているものといえば、なんと「善玉コレステロール値」!それも大幅に上回ってるんです。
この健康優良体は、毎日の料理に使うオリーブオイルのおかげだと信じている私です。実際、他のオイルと比べ、悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを上げる「オレイン酸」が多く含まれているとのこと。なるほど、納得です!

藁をも縋る思いで、「LA BOTTEGA DELL’OLIO」へ

白を基調とした清潔感溢れる店内には、オリーブオイル製品がズラリと並ぶ 白を基調とした清潔感溢れる店内には、オリーブオイル製品がズラリと並ぶ

そんなオリーブオイル信仰を持つ私ですが、これは口からの摂取に限らず、体外からでも良い効果を与えてくれるという新しい発見をしました!オリーブオイルから作られる石鹸やクリームは、お肌をとてもよい状態に保ってくれるんです。というのは、昨年急に両頬が赤みのある発疹で埋め尽くされ、もしや重い病ではとひやっとしたのですが、病院での検査は異常なし。そこで人に勧められて出向いたのが、フィレンツェにあるオリーブオイル製品専門の店「LA BOTTEGA DELL’OLIO(ラ・ボッテーガ・デッローリョ)」でした。

まずは洗顔。最も大事なお肌のお手入れはやっぱりコレ

店のオーナーのアンドレアさんは、男性にしてこのキメ細かな肌。オリーブオイル製石鹸愛用 店のオーナーのアンドレアさんは、男性にしてこのキメ細かな肌。オリーブオイル製石鹸愛用

それまでに既にたくさんの自然派基礎化粧品を試していてあまりよい効果が得られてなかったため、最初はこの店の商品についても半信半疑でした。それで、どれを買おうかと迷っていると、オーナーのアンドレアさんが「試供品をあげるから、肌に合うようだったら買えばいい」と。そして、「石鹸が一番大事だから、先にこの石鹸使ってみたら」と勧めてくださったのは、美容クリームの1/3から1/4の値段の石鹸でした。商売っ気がないとか商品に自信があるなんていう簡易な言葉では片付けられない、肌にトラブルを抱える客の気持ちを慮ってくださる接客が嬉しかったですね。そうそう、彼のお肌が羨ましいくらいにつるつるしてきれいだったので、彼も使っているというその石鹸は即買いでした!

お肌の喜ぶ、財布にも優しいプロダクツ

「Lepo」商品。左からハンドクリーム・8ユーロ、滋養クリーム・18ユーロ、スーパー滋養セラム・18,30ユーロ 「Lepo」商品。左からハンドクリーム・8ユーロ、滋養クリーム・18ユーロ、スーパー滋養セラム・18,30ユーロ

それから、試供品を2-3日試した後で「Lepo」の美容クリームを購入したのです。クリーム状なのにサラ〜ッとしていて、それでいて潤いを保ってくれる優れものです。美容クリーム4種類の他(潤いクリーム15,30ユーロ(約2,500円)、滋養クリーム18,00ユーロ(約3,000円))、アイクリームやリップクリームなど全18商品あり、男性用の製品も髭剃り前・後用のジェル(各々10,30ユーロ・14,50ユーロ)など僅かですがあります。
また、私が使ったシチリア島やシリア産などの手作りの石鹸が充実しています。オリーブオイル100%のものから、月桂樹、花やハーブ、果物を混合しているものなど、それぞれお肌への効果が異なるそうです。石鹸は大きさや含有物により3〜11.80ユーロ(約500〜1,950円)。これらの商品はお手ごろ価格なのも魅力です。
健康が気になる方、お肌が気になる方は是非!本場のオリーブオイルを試してみてくださいね。

【関連情報】

■ LA BOTTEGA DELL'OLIO (ラ・ボッテーガ・デッローリョ)
住所:PIAZZA DEL LIMBO, 2R
電話番号:(+39) 055-2670468
URL:無し
営業時間:月15:00〜19:00/火〜土10:00〜13:00、14:00〜19:00
定休日:日祝
その他:

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/07/06)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索