page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・フィレンツェ・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

年中バーゲン!?「リチャード・ジノリ」が安く買えちゃう!


掲載日:2007/07/13 テーマ:ショッピング 行き先: イタリア / フィレンツェ

タグ: アウトレット ショッピング ブランド 憧れ


フィレンツェが生んだ美しき芸術作品、「リチャード・ジノリ」

「リチャード・ジノリ」の店内。天井も高く広々としたエレガントな店内を突き抜けて奥へ(写真左)へ進むと、アウトレットのコーナーあり 「リチャード・ジノリ」の店内。天井も高く広々としたエレガントな店内を突き抜けて奥へ(写真左)へ進むと、アウトレットのコーナーあり

イタリアが世界に誇る陶器メーカーといえば、もちろん「リチャード・ジノリ」。その歴史は古く1735年からで、何を隠そうフィレンツェ生まれなのです(正確にはフィレンツェ郊外のドッチャ村です)。フィレンツェはさすがは芸術の都だけあって、この美しき芸術作品のブランドをも生み出した町なのですね。しかしそれは芸術家の働きに寄ったわけではなく、トスカーナ大公国の政治に携わっていた侯爵の手に寄って生み出されたという陶器なのですよ。

半世紀早い有田焼。あっぱれ日本!

「ROSELLINE(ロゼッリーネ/小さな薔薇)」というタイトルの食器。このシリーズには、大皿・中皿、ティーカップ&ソーサー、シュガーポットなどがあります。この中皿は9,5ユーロ(約1,600円) 「ROSELLINE(ロゼッリーネ/小さな薔薇)」というタイトルの食器。このシリーズには、大皿・中皿、ティーカップ&ソーサー、シュガーポットなどがあります。この中皿は9,5ユーロ(約1,600円)

1735年といえば、日本は江戸時代のちょうど半ば。柿右衛門の有田焼が生まれたのは17世紀後半(江戸初期)なので、それより少し後です。17世紀のヨーロッパではまだ磁器の製法が見出されておらず、この日本が世界に誇る純白の磁器は、王侯貴族や富裕層の間で憧れの的だったというから嬉しいじゃありませんか!そして今、私たちは西洋の磁器に憧れる・・・時代の変遷ですね。
イタリア初の磁器である「リチャード・ジノリ」は、有田焼の皿いっぱいに描いた大胆な絵付けと比べると控えめな感じがしますが、これまた私が面白いと感じるところです。他のことは何もかもド派手なイタリアですからネ(!)

ありました!毎日使える「リチャード・ジノリ」

金箔の縁取りが高貴な印象の「PERUGIA(ペルージャ)」シリーズ。84ユーロ(約14,000円)が半額の42ユーロ(7,000円) 金箔の縁取りが高貴な印象の「PERUGIA(ペルージャ)」シリーズ。84ユーロ(約14,000円)が半額の42ユーロ(7,000円)

繊細な筆のタッチに惚れ惚れする有田焼が眺めて愉しむ陶器といわせてもらえば、こちらの方は、お皿の縁や取っ手のカット、表面の凹凸が成すデザイン性にこだわっていて、使って楽しむ陶器という感じもします。
といっても、お値段はそこそこするので、なかなか日々の生活に利用するのは勇気が要りますよね。そこで今日ご紹介するのが、年中バーゲン価格の「リチャード・ジノリ」の食器なのです!

美しい食器で、さらにおいしくいただきましょう

ざっくばらんに置かれた食器。絵模様ものの他にも、真っ白のものや縁取りだけのシンプルなものもあります ざっくばらんに置かれた食器。絵模様ものの他にも、真っ白のものや縁取りだけのシンプルなものもあります

フィレンツェの「リチャード・ジノリ」の店には、広い店内をまっすぐ奥まで進むと、突き当たりにアウトレット・コーナーがあります。通りからショーウィンドウを覗いたり、入り口付近の定価の商品を見て「んー、やっぱり高いな」と思っても諦めてはいけません。このコーナーの商品はあくまでもアウトレット商品なので最新の絵柄やデザインのものこそありませんが、毎日使えそうな価格の食器が並んでいます。
美しい食器で食べたり飲んだりすると、一段とおいしく感じますよね。それはきっと見た目の美しさだけではなく、その作品を作る人の真心が投入されているからだと思いませんか。
飲食は生きるための基本!素敵な食器で気持ち豊かに、さらにおいしくいただきたいですね。

【関連情報】

■ Richard Ginori (リチャード・ジノリ)
住所:Via Rondinelli, 17r - 50123 Firenze
電話番号:(+39)055-210041
URL:www.negozirichardginori.it
営業時間:(7-8月)月〜金 10:00〜19:00、土 9:00〜13:00/(9月-翌6月)月 15:00〜19:00、火〜土 10:00〜19:00
定休日:日祝
その他:一般商品のバーゲンは7月14日から

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/07/13)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索