page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・フィレンツェ・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

職人の町フィレンツェで見つけた、斬新デザイナーの手作りバッグ


掲載日:2007/07/20 テーマ:ショッピング 行き先: イタリア / フィレンツェ

タグ: ショッピング バッグ


世界にひとつだけ。私だけのバッグを見つけよう!

手作りバッグの中でも、オーナー(デザイナー)お気に入りNo.1の商品。布と皮使いのバケツ型バッグ(218ユーロ)は、1泊用にもなりそうな大きさ。描かれた男性の顔ももちろん手描き 手作りバッグの中でも、オーナー(デザイナー)お気に入りNo.1の商品。布と皮使いのバケツ型バッグ(218ユーロ/約37,000円)は、1泊用にもなりそうな大きさ。描かれた男性の顔ももちろん手描き

世界にたったひとつしか存在しない、一点もののバッグ。どこに行っても誰ひとり同じものを提げていない、なんていいと思いません?だって、せっかく奮発して買ったのに、出かけた先で赤の他人とお揃い・・・にでもなったりすると本当にガッカリです。現代は大量生産の時代ゆえ仕方ないことかもしれませんが、ブランドのロゴはついてないけれど、全てひと針ひと針丁寧に手作りしている一点もののバッグというのもなかなか素敵ですよ。

明るい店内には元気なバッグが勢ぞろい。

店内には個性的でカラフルなバッグが並んでいる。まるで洋服のように、バッグがハンガーに掛かっているのが見易い 店内には個性的でカラフルなバッグが並んでいる。まるで洋服のように、バッグがハンガーに掛かっているのが見易い

そんな素敵なバックが買えるお店「SOL GABRIEL(ソル ガブリエル)」はオープンして1年半。オーナーのアルゼンチン人、SOL BAGRIEL(ソル ガブリエル)さんは、実は母国でファッション・デザインの勉強をしたそうです。が、どうもそれより小物への興味の方が深くて、この道に方向転換したとか。ファーストネームの「SOL(ソル)」は、イタリア語では「SOLE(ソーレ)」となり“太陽”の意味。店内には、お名前に見合う明るく元気でカラフルなバッグがざっと60個ほど。手作り感を大切にしたいため、これ以上の商品で溢れる店にはしたくないとか。棚に並べたりせずに、洋服のようにハンガーに掛かっているのも見易くていいですね。

デザイン画なし、型紙なしの、イマジネーション裁断。

作者お勧めNo.2はコレ。色は派手だけれどシックな装いにも合いそう。123ユーロ(約20,900円) 作者お勧めNo.2はコレ。色は派手だけれどシックな装いにも合いそう。123ユーロ(約20,900円)

素材の基本は布。それに皮やビニールなどを縫い合わせたり、洋服用の普通のベルトやボタンなどでアクセントをつけたり。ふとバッグの底を見ると大きなバックルがあるかと思えば、バッグの内側までが凝っていて、内ポケットに模様の入った透明ビニールを使ってたりするんです。そしてバッグの作り方といえば、型紙など作らずにそのまま素材にハサミを入れていくというから大胆!その上、紙にデザイン画を描くこともなく、頭に浮かんだデザインを直接生地に起こすのだそうです。当初考えていたデザインが、途中で変更されることもときどきあるそうですけれど・・・。
バッグの他には、もちろんこれも1点ものの小物ポーチやブレスレットがあり、バッグと同じ素材でできています。バッグとブレスレットがペアだったりすると、おっしゃれ〜な感じですよね。

中世からの職人の町、フィレンツェに生まれた新しい職人。

デザイナー兼店長のソル ガブリエルさん。バッグが無造作に置かれているこの大きなテーブルは作業台でもある デザイナー兼店長のソル ガブリエルさん。バッグが無造作に置かれているこの大きなテーブルは作業台でもある

店はサンタクローチェ教会の東の狭い路地に面しています。大聖堂ドォーモから徒歩5分とまさに街中なのですが、ちょっと分かりにくい場所。しっかりと地図で確認しながら、辿り着いてください。
フィレンツェは昔ながらの様々なARTIGIANALE(アルティジャナーレ/職人)が頑張っている町です。そんな古き都に新しい風を吹き込んだ、超モダンなARTIGIANALEのバッグの店を覗いてみませんか?

【関連情報】

■ SOL GABRIEL(ソル ガブリエル)
住所:Via Matteo Palmieri 6r, Firenze
電話番号:(+39)055-7189648
URL:www.solgabriel.com
営業時間:火〜土 10:00〜19:00
定休日:日月曜、祝日
その他:バーゲンはありません。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/07/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索