page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
イタリア・フィレンツェ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

フレスコ画のある刑務所が、レストランに生まれ変わった!


掲載日:2008/02/04 テーマ:グルメ 行き先: イタリア / フィレンツェ

タグ: おいしい グルメ レストラン 珍しい


刑務所の名残をとどめるレストラン

刑務所当時の鉄格子を挟んで、オーナーのピエロ氏(左)とカルロ氏(右) 刑務所当時の鉄格子を挟んで、オーナーのピエロ氏(左)とカルロ氏(右)

日本じゃまず考えられない、刑務所跡地にできたレストラン。まるで絵の中から飛び出したような美しいフィレンツェの街中に、そんなレストランがあるなんて!って思ってしまいますよね。
その名もズバリ、「Le Carceri(レ・カルチェリ=刑務所)」。一歩足を踏み入れると、なんだかやっぱりゾクゾクッと寒気が……。もちろん室内温度が低いわけではないのですが、神経が微妙に振動する感じ!? きれいに改装していても、くたびれたような壁はそのまま残していて、落書きあり、不思議な絵あり。ホールとホールの仕切りには錆びた鉄格子を使っていたり。そしてトイレに立てば、そのドアはまさしく牢獄の扉じゃないですか! ここはつい20年ほど前の1985年まで刑務所だったのです。

刑務所が、その昔、修道院だった!?

壁の絵は牢獄の壁に貼られていたポスターを拡大したもの 壁の絵は牢獄の壁に貼られていたポスターを拡大したもの

しかし、上を見上げれば、天井にはなぜか“フレスコ画”!?刑務所の天井にフレスコ画なんて、さすがはフィレンツェ!なーんて、いくらイタリアでもそんなことはないでしょう。そう、ここは、さかのぼること200年余。15世紀から19世紀頃まで、なんと、修道院だったのです。この国らしいといえば言えなくもない、「修道院⇒刑務所⇒レストラン」という珍しい沿革。囚人たちも、修道士(女)と同じように、このフレスコ画を見ながら気持ちを落ち着けていたのかもしれませんね。

刑務所料理?

「Antipasto le Carceri(アンティパスト・レ・カルチェリ)」=刑務所の前菜は9ユーロ 「Antipasto le Carceri(アンティパスト・レ・カルチェリ)」=刑務所の前菜は9ユーロ

オープンして約3年の「Le Carceri」。店の前には大きな広場があり、それを取り囲む、同じようにかつて刑務所だった建物は、今では外観は、フィレンツェ唯一の近代的マンションといえる、デザイナーズ(っぽい?)アパート(マンション)や、オフィスビルになりました。夕刻からのライトに照らされた広場はロマンチックで、4月上旬〜9月末の木曜日には、夕方から広場でアペリティーボ(ドリンク代を支払うと軽食が食べ放題:バイキング)ができます。
料理は、山の幸がメインのトスカーナ料理。メニュー上の“Le Carceri(刑務所)”の付く料理は、見た目も麗しい店のオリジナル・デッシュ。いくらこの町が食の都といえど、囚人たちに施された料理ではありませんヨ(笑)。

【関連情報】

トイレのドアに使われている、もと牢獄の扉。囚人を覗く窓のついた頑丈そうな扉です トイレのドアに使われている、もと牢獄の扉。囚人を覗く窓のついた頑丈そうな扉です

■LE CARCERI(レ・カルチェリ)
住所:Piazza Madonna della Neve 3, Firenze
電話:+39-055-2479327
URL:www.ristorantelecarceri.it
営業時間:12:00〜15:00/19:00〜23:45
定休日:なし
その他:4月上旬〜9月末の木曜日、アペリティーボあり

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/02/04)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索